« 最初で最後の津軽海峡線青函トンネル「竜飛海底駅」に途中下車(2014年廃止) | トップページ | 富士急線から元小田急線2200形が甲府盆地は笛吹市に保存された »

2024/05/26

元小田急線8000形が西武線小手指車両基地にいる新鮮な光景

 小手指車両基地で、元小田急線8000形を見てきました。

 もう西武線の車両になったのかと思いますが、まだ車番やマークなどはそのままなので、小田急ファンとしては驚くほかありません。

 今後は、西武線に移った8000形のほうが長生きするのでしょうか。小田急鋼製通勤車最後のお別れの時がまだ想像つきません・・・。

※関連記事 小田原駅橋上駅舎化の頃 鉄道展2015車両展示は8000形 8000形の2020年年越し 8000形が函南でひと休み 8000形が小手指車両基地に

 

 

 

▼先週函南で見かけた元小田急線8000形は、輸送を終え西武線小手指車両基地にいた。これはマボロシではないのか・・・。
20240525_img_1230s

 

 

 

▼不思議と小田急マークはまだ消されていない。さすがにこのままで営業運転することはないだろうが。
20240525_img_1256s

 

 

 

▼小手指車両基地の本線側に停車していたので、通る電車からよく見えていた。折しも「52席の至福」号が。
20240525_img_1293s

 

 

 

▼住み慣れた地を離れて、新天地にいる気分はどんなだろう。集中型クーラーのなかやっていけるかな・・・とか。
20240525_img_1308s

 

 

 

▼こんにちは西武線、ようこそ小田急電車。たしかにVVVF改造されてはいるとはいえ、こんな時代が来ようとは。
20240525_img_1265s

 

 

 

▼そのうち東急線からも「サステナ車両」がやって来る。鉄道の規格はそうは違わないことを感じる。
20240525_img_1357s

 

 

 

▼西武線電車の顔は様々、色もいくつか。その中に混ざると、そのうち違和感なくなる気もする。
20240525_img_1343s

 

 

 

▼丹沢山系に代わり、今度は秩父山系がバックの基地になる。西武線でもどうかお元気で、元小田急8000形。
20240525_img_1370s
撮影地 埼玉県所沢市小手指町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX10
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2024/5/25(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 最初で最後の津軽海峡線青函トンネル「竜飛海底駅」に途中下車(2014年廃止) | トップページ | 富士急線から元小田急線2200形が甲府盆地は笛吹市に保存された »

01_小田急線」カテゴリの記事

コメント

不思議な光景に感じられますが、ついに元小田急8000形が西武線にやってきたんですね。
小手指車両基地に小田急マークの車両が停まっているのがすごいです。

どのような姿で再登場するのか今から楽しみですね。

★MIRUMIRUさん
初めて狭山ヶ丘で下車し小手指まで歩いたのですが、基地はほぼ周回道路があり見やすかったです。

次に気になるのは、いつ武蔵丘基地へ移動するかですね。

不思議な光景で驚いてしまいます。

どんな姿で走るのか興味はつきませんが沿線の発展に寄与するのを期待したいです。

★汽車空間さん
通過した「52席の至福」号の車掌氏も、小田急車を見ていた感じでした。

まさか来月の武蔵丘基地公開に登場したりして^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最初で最後の津軽海峡線青函トンネル「竜飛海底駅」に途中下車(2014年廃止) | トップページ | 富士急線から元小田急線2200形が甲府盆地は笛吹市に保存された »

フォト
無料ブログはココログ