« 山手線最後の踏切駒込-田端間「第二中里踏切」はクルマも通る | トップページ | 臨時特急で夜行アルプス復活に快速ムーンライト信州を思い出す »

2024/05/05

のと鉄道能登線鹿波駅は水田谷戸の小駅(2005年廃止)

 「のと鉄道」能登線鹿波駅を訪れてきました。(2004年訪問)

 かつて日本全国に張り巡らされた鉄道網は、無数の小駅に支えられ、また無数の小駅を支えていました。

 最近の鉄道網はますます、その無数の小駅には支えられず、また支えきれなくなっているようです…。

※関連記事 中居から七尾北湾遠望 夜行に接続した比良 水田谷戸の鹿波 能登線の終着蛸島

 

 

 

▼能登線鹿波駅は小さな待合所があるだけの小駅だった。
20040501_img_1039s

 

 

 

▼どんな大駅もどんな小駅も平等に、同じ規格だった国鉄時代の駅名標枠。
20040501_img_1032s

 

 

 

▼穴水寄りの新緑が美しかった。
20040501_img_1033s

 

 

 

▼能登の山中は、まだ山桜が残る。
20040501_img_1042s

 

 

 

▼沿線に点在した保線小屋も役割を終える。
20040501_img_1037s

 

 

 

▼毎年何人の中高生が使っていたのか。暗くなると心細かったかもしれない。
20040501_img_1041s

 

 

 

▼集落は見えないけれど、誰かのために役立っていた小駅がまた消えてゆく。お疲れさま能登線、さらば鹿波駅。
20040501_img_1035s
撮影地 石川県鳳珠郡穴水町鹿波ル

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot S1 IS
△紀行日 2004/5/1(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 山手線最後の踏切駒込-田端間「第二中里踏切」はクルマも通る | トップページ | 臨時特急で夜行アルプス復活に快速ムーンライト信州を思い出す »

15_中部」カテゴリの記事

コメント

このような小駅も丁寧に探訪されていて、貴重な記録ですね。

国鉄時代の駅名標枠、とても懐かしいです。

★MIRUMIRUさん
そういう意味では、深名線全駅巡りで鍛えられて以来でしょうか(笑)

そのころから、駅がある風景、線路がある風景、にもひかれるようになりましたね。

駅の大小に関わらず、その駅に何らかの物語があった事は事実ですね😃

美しい思い出では列車の走る姿と共に永遠です。

★汽車空間さん
他に何もないように見える鹿波駅も、何かしら人や自然の物語があったのでしょう。

ただ一言「秘境駅」とされがちですが、それだけでは捉えられない何かがありそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山手線最後の踏切駒込-田端間「第二中里踏切」はクルマも通る | トップページ | 臨時特急で夜行アルプス復活に快速ムーンライト信州を思い出す »

フォト
無料ブログはココログ