« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024/04/21

ここからも夜行列車能登・北陸に接続したのと鉄道比良駅(2005年廃止)

 穴水から能登線最初の交換駅、「のと鉄道」比良駅を訪れました。(2004年訪問)

 2024年元旦の能登半島地震で不通だった残るのと鉄道ですが、4月6日に運行再開できたようで良かったですね。

 まずは能登半島復興のきっかけを喜ぶともに、今後の石川県内の鉄道網の末永い存続を祈るばかりです。

※関連記事 中居から七尾北湾遠望 夜行に接続した比良 水田谷戸の鹿波 能登線の終着蛸島

 

 

 

▼蛸島方面から13:49発穴水行が現れた。こうして見ると、のと鉄道車両の塗装はバランスとれた配色が良かった。20040501_img_1016s

 

 

 

▼三セク「のと鉄道」化後にせっかく交換駅になったのに、10年余りで消えてしまうとは…。
20040501_img_1030s

 

 

 

▼生活には最低限の本数だが、まだ究極の少なさではなかった。接続列車欄で興味深いのが、最終19時44分発穴水行の接続として、津幡乗換で上野行夜行列車「能登」「北陸」が書かれていること。特急大阪行の記載は当然としても、上野へ乗り継ぐ人はいただろうか。20時前にこのホームから乗れば、翌朝上野へ着けた。かつては当然だったが、全国鉄道網だった在来線の役割がわかるよう。20040501_img_1024s

 

 

 

▼比良駅前には商店「石田酒店」が一軒。駅めぐりには一年で一番いい気候、夏に向けてのこの明るさがいい。
20040501_img_1025s

 

 

 

▼少し前までは公衆電話の場所が大事な情報だったが、あっという間にその感覚は薄れつつある。
20040501_img_1023s

 

 

 

▼開業当初は貨物を扱っただろうか、それとも保線用か。側線のわきで八重桜が盛りを迎えていた。
20040501_img_1012s

 

 

 

▼最終期は1日2回、比良で列車交換。人を乗せるための専用の土地と施設は、利用者に安心感を与えていただろう。
20040501_img_1019ss

 

 

 

▼新緑も素晴らしい能登半島を走っていたローカル線があった。お疲れさま能登線、さらば比良駅。
20040501_img_1021s
撮影地 石川県鳳珠郡穴水町比良

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot S1 IS
△紀行日 2004/5/1(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

留萌本線峠下の木造駅舎は最後まで堂々として(2023年廃止)

 留萌本線峠下駅の木造駅舎を見てきました。(2019年訪問)

 しかしなんと冬の大雪で、旧峠下駅舎は崩壊したという悲報が入ってきました。近くでは深名線添牛内など廃線後20年以上持ちこたえた駅舎もありますが、よほど疲れがたまっていたのでしょうか・・・。

 それでも廃線後に荒廃するよりは、役割を全うして自然に還るほうが良かったのかもしれません。。本当にお疲れさまでした。

※関連記事 北一已のそば畑 終着駅になる石狩沼田 板張りホームの真布 恵比島駅と明日萌駅 列車が交換する峠下 木造駅舎は堂々と さらば留萌駅 留萌の先に残る跡 灯台の麓に増毛駅

 

 

 

▼かつては何人の鉄道マンがこの駅を支えたのだろう。地方交通線としては最後まで堂々とした木造駅舎だった。
20190814_img_0248s

 

 

 

▼無人駅になっても、昔の窓口が想像できた待合室内。冬が過ぎてもストーブの排気管がそのままなのが北海道らしい。
20190814_img_0252s

 

 

 

▼本線側はひさしが張り出し、かつては腕木信号機のてこも扱われたのだろう。
20190814_img_0289s

 

 

 

▼すでに駅周辺には民家が見えないのに、最後まで峠下駅舎は留萌本線を支えていた。
20190814_img_0263s

 

 

 

▼最終期の駅構内はシンプルに、対向ホームに渡る踏板も簡易なものだった。
20190814_img_0259s

 

 

 

▼駅名標は昔から立ち続けるが、いまや近くに留萌道も全通し交通路は移り変わる。
20190814_img_0258s

 

 

 

▼明治時代に留萌本線が開通し、100年以上支えてくれた峠下駅。ありがとう留萌本線、さらば峠下木造駅舎。
20190814_img_0260s
撮影地 北海道留萌市留萌村

 

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2019/8/14(水)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2024/04/08

あと何年続くことやら北陸新幹線敦賀駅の2階層乗り換え

 北陸新幹線!祝!敦賀開業の日、新幹線を降りて在来線特急ホームへと歩きました。

 新幹線ホームの直下にあるとはいえ、九州新幹線の対面乗り換えと比べてしまうと、正直乗り換えは面倒でしょう。

 着工があまり長引くようなら、今まで通りに米原へ延伸すればいいのでは、とも思ってしまいます・・・。

※関連記事 敦賀駅従来ホーム 越前たけふ駅開業 福井駅高架ホーム 大聖寺駅は境界駅に 松任工場が閉所 特急街道金沢駅 期待ふくらむ富山駅 北陸新幹線あと111日! 旧塗装交直流急行型475系

 

 

 

▼開業おめでとう、まさか敦賀で新幹線を見られる日が来ようとは。
20240316_img_9661ss

 

 

 

▼東京行きが表示されるとは感無量。敦賀発車時に流れた、車内の上越新幹線チャイムにも感動した。
20240316_img_9650s

 

 

 

▼しかしここから先はまだ長そう。それこそ宮脇さんも書かれていた、生きているうちに開業すればいいが…。
20240316_img_9654s

 

 

 

▼本来乗り換え時間も短くスムーズなはずなので、待合室はガラガラ。
20240316_img_9714ss

 

 

 

▼中間改札階に降りると、大駅以外でこれだけ新幹線自動改札機が並ぶのを見たことがない。
20240316_img_9725ss

 

 

 

▼さらに地平階まで下りて、ようやく乗り継ぎ特急に乗れる。
20240316_img_9735s

 

 

 

▼在来線特急車両の手入れ程度がわかろうというもの。米原までのリレー「しらさぎ」が長くもてばよいが・・・。
20240316_img_9738s

 

 

 

▼今日はまさに国を挙げての祝賀ムード。それはともかく、早く新大阪へつながってほしいと思う。
20240316_img_9815s_20240407223701

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX10
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2024/3/16(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2024/04/07

芦原温泉は2面3線のハピラインふくいと2面2線の北陸新幹線に

 北陸新幹線!祝!敦賀開業の日、芦原温泉駅を訪れました。

 芦原温泉のホームは、在来線ハピラインふくい2面3線に加えて、北陸新幹線が2面2線対向ホームになりました。

 在来線とは別線になる日本の新幹線は、地方へ延びるほど全体として過大ぎみな設備になるのが悩みの種でしょうか。

※関連記事 敦賀駅従来ホーム 越前たけふ駅開業 福井駅高架ホーム 大聖寺駅は境界駅に 松任工場が閉所 特急街道金沢駅 期待ふくらむ富山駅 北陸新幹線あと111日! 旧塗装交直流急行型475系

 

 

 

▼北陸新幹線は全列車12両編成。そのうち山陽新幹線みたいに短編成も登場するだろうか。
20240316_img_0163s

 

 

 

▼万博へ行くのにも、敦賀乗り換えが増える。ホームで歓迎する人たちも、金沢開業の時より少なめな気がした。
20240316_img_0186s

 

 

 

▼耐雪構造のためかホーム端も全面カバーで覆われていて、どうでもいいことだが残念ながら写真は撮りにくい。
20240316_img_0201s

 

 

 

▼在来線ホームを見下ろせる待合室は落ち着く雰囲気。
20240316_img_0211s

 

 

 

▼芦原温泉への二次交通はバスかクルマ。敦賀乗り換えが増えて、関西からの集客力維持が気になるところ。20240316_img_0224s

 

 

 

▼開業日ならではのにぎやかな駅前。こぎれいなみやげ物屋も出来ていたのは便利だった。
20240316_img_0230ss

 

 

 

▼すっかり在来線は北陸本線から「ハピラインふくい」になっていた。521系の種別幕はそのままなのがいい。
20240316_img_0249s

 

 

 

▼開業おめでとう。とうとう今日のカウントダウンは、あと「0日」。このボードを使って、続けて新大阪開業までのカウントダウンを始めてほしいくらいだが・・・。
20240316_img_0239s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX10
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2024/3/16(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

フォト
無料ブログはココログ