« 箱根登山鉄道入生田~箱根湯本に残る踏切は7ヶ所に減少 | トップページ | 地下化まであと1週間、さらば東急東横線地上反町駅(2004年移設) »

2024/01/28

のと鉄道能登線の終着駅蛸島は金沢からも遠かった(2005年廃止)

 能登線の終着駅、のと鉄道蛸島を訪れてきました。(2004年訪問)

 かつて金沢から蛸島まで鉄道では3時間以上もかかり、能登半島の大きさを実感したものです。

 鉄路が奥能登まで伸びていたことに当時は当たり前に思っていましたが、ファンとって幸せな時代でした。

※関連記事 中居から七尾北湾遠望 夜行に接続した比良 水田谷戸の鹿波 能登線の終着蛸島

 

 

 

▼新緑まぶしい頃、蛸島発七尾行が発車を待つ。
20040502_img_1158s

 

 

 

▼迫力ある国鉄スタイルの駅名標も残っていた。
20040502_img_1161s

 

 

 

▼能登半島の最奥まで、統一規格の線路と駅が設けられていた。
20040502_img_1160s

 

 

 

▼しっかりとした駅舎が、昭和39年開通の新線らしい。
20040502_img_1135s

 

 

 

▼この日からもうはや20年、集落はどうなっているだろう・・・。
20040502_img_1163s

 

 

 

▼駅舎の反対側では、ちょうど水田に水が張られて。
20040502_img_1179s

 

 

 

▼蛸島に鉄道が到達していたのは、40年間だけに終わった。
20040502_img_1147s

 

 

 

▼日本全国の移動が鉄道で容易だった時代は去っていく。お疲れさま能登線、さらば蛸島駅。
20040502_img_1150s
撮影地 石川県珠洲市蛸島町ナ

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot S1 IS
△紀行日 2004/5/2(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 箱根登山鉄道入生田~箱根湯本に残る踏切は7ヶ所に減少 | トップページ | 地下化まであと1週間、さらば東急東横線地上反町駅(2004年移設) »

15_中部」カテゴリの記事

コメント

私も1991年に蛸島まで乗りましたが、時間がなくすぐに折り返してしまいました。
珠洲市内で1泊して街歩きをしてみたかったです。

待望の鉄道だったと思いますが、短命に終わってしまい残念ですね。

★MIRUMIRUさん
この時の訪問は確かレンタカーで、蛸島駅前で夜を明かした記憶があります^^

能登空港は2003年開港だそうで、地元はまさに能登線より飛行機を選んだのでしょう。時代の流れとしか言いようがありません…。

そんなに長い期間で鉄道が廃線になったのは驚きです。
それだけ早く時代の変化があったかもしれないません。

廃止反対と言っても、それをどう残すかは頭が痛い問題です。

★汽車空間さん
どうやら蛸島駅付近の一部線路・車両は残されているようで、びっくりです。その思いが続きますように…。

ただそれでも、生きている線路の魅力にはかなわないわけで、これからも残るローカル線を応援したいです。

ここは桜が見られる場所では?あと一駅桜で有名な駅があったような。

★イチローさん
今回アップした、中居も蛸島も桜は植わってそうでした。

とくに有名なのは現役の能登鹿島ですかね、そのうち訪れたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根登山鉄道入生田~箱根湯本に残る踏切は7ヶ所に減少 | トップページ | 地下化まであと1週間、さらば東急東横線地上反町駅(2004年移設) »

フォト
無料ブログはココログ