« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023/12/16

さらば白い小田急ロマンスカーVSE 50000形、鉄道展2015での晴れ姿

 小田急鉄道展2015で、ロマンスカーVSE 50000形を間近に見てきました。

 とうとう今月2023年12月で運行を終えたVSEですが、意外と短期間の活躍で終わってしまったのが未だに信じられません。

 連接車体、展望席、これから小田急ロマンスカーはどうなるのか。かつて進化したロマンスカーRSEが登場した時のような感激を、また味わってみたいものです。

※関連記事 営業開始2日目のVSE 鉄道展2018でLSE さらばぼくらのLSE 21世紀を走ったSE 鉄道展2015は8000形

 

 

 

▼球面状の前面ガラスがたまらなかったVSE。
20151018_img_1554s

 

 

 

▼全周にわたってデザインされたカタチを感じたVSE。
20151018_img_1542s

 

 

 

▼そして最高にカッコイイ形状の先頭部ガラスだったVSE。
20151018_img_1525s

 

 

 

▼白くなったロマンスカーは特別な存在だったVSE。
20151018_img_1556s

 

 

 

▼よくぞここまでと思うほど細部までつくり込まれたVSE。
20151018_img_1530s

 

 

 

▼スラっと伸びた連続状窓ガラスもキレイだったVSE。
20151018_img_1559s

 

 

 

▼8000形と並ぶと通勤車のケイプアイボリーを引き立てていたVSE。
20151018_img_1568s

 

 

 

▼みんなの人気者だったVSE。ロマンスカーの伝統を引き継いでくれてありがとう。お疲れさま、さらばVSE 50000形。
20151018_img_1545ss
撮影地 神奈川県海老名市めぐみ町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS kissX3
△紀行日 2015/10/18(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

ズラリと並んだ入出庫線が壮観だった旧松任工場が閉所とは

 北陸新幹線の敦賀開業時に閉所される、金沢総合車両所「松任本所」を見てきました。

 春のダイヤ改正がリリースされましたが、松任本所は引き継がれないようです。近くに新幹線白山総合車両所が出来、一方国鉄主要工場だった旧松任工場が消えるのは、時代の流れとはいえ信じられません。

 金沢総合車両所になっても残った「松任本所」の名称に、どこか工場のプライドを感じたものでした。

※関連記事 敦賀駅従来ホーム 越前たけふ駅開業 福井駅高架ホーム 大聖寺駅は境界駅に 松任工場が閉所 特急街道金沢駅 期待ふくらむ富山駅 北陸新幹線あと111日! 旧塗装交直流急行型475系

 

 

 

▼松任駅北口、駅前なのに踏切がある。
20230722_img_4002s

 

 

 

▼そこが金沢総合車両所「松任本所」の入口だった。
20230722_img_3921s

 

 

 

▼これは確かに国鉄主要工場だった面影が感じられる規模。
20230722_img_3950s

 

 

 

▼「北陸本線」としては事実上無くなるから、維持する理由もないらしい。
20230722_img_3952s

 

 

 

▼かろうじて国鉄型車両が見えたが、閉所までには解体・搬出されるのだろう。
20230722_img_3961s

 

 

 

▼時代とともに、交通手段とそれを支える設備も変わる。それはわかるけれど・・・。
20230722_img_3993s

 

 

 

▼かつては大人数が従事し主要工場だったからか、正門前にあった郵便ポスト。
20230722_img_3994s

 

 

 

▼橋上化された松任駅から見える、ずらりと並んだ入出庫線が壮観だった。お疲れさま、さらば旧松任工場。
20230722_img_3915s
撮影地 石川県白山市相木町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX10
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2023/7/22(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2023/12/02

函館のキハ40は国鉄青モケットボックスシートが落ち着く

 北海道新幹線を降りて、キハ40で函館駅へ向かいました。

 いよいよ北海道でもキハ40が最終期になり、普通列車では2025年春迄になるようです(2023/11/24道新)。わざわざ新聞記事になるのも驚きですが、多くの人に知られている存在なのでしょう。

 今となってはゆったり走る気動車ですが、それにしてもよく40年以上も国鉄青モケットのボックスシートのまま稼働してくれました。

※関連記事 さらば江差線江差駅 さらば石勝線東追分駅 函館本線倶知安駅構内 根室本線幾寅駅と『幌舞駅』

 

 

 

▼北海道新幹線を降りて、続けて乗ったのはキハ40単行。気分は一気に時代をさかのぼった。
20211127_dsc_0788s
撮影地 北海道北斗市市渡

 

 

 

▼新幹線も暖かいけれど、キハ40の二重窓も冷気をシャットダウンしてくれていた。
20211127_dsc_0793s

 

 

 

▼短区間だけど函館までちょっとの汽車旅。国鉄以来の青モケットがよく維持されていたもの。
20211127_dsc_0776s

 

 

 

▼かつての正統な国鉄車両がそのまま残る。網棚、フック、手すり、などは今にしてみると全国標準化の極みだったと思う。
20211127_dsc_0782s

 

 

 

▼この車両は改番されたものの、1980年の新製配置以来函館地区から動いていないらしい。
20211127_dsc_0811s

 

 

 

▼二重窓でも汚れていなければ、外は普通に見られた。広大だった旧函館運転所は、新幹線延伸後どうなるのだろう。
20211127_dsc_0797s

 

 

 

▼終着函館到着。青函連絡船と接続していた時代からの生き証人が消えていくのは、やはり悲しい。
20211127_dsc_0814s

 

 

 

▼道南いさりび鉄道に移った僚友と並ぶ日々も、先が見えてきた。ありがとう、お疲れさまキハ40。
20211127_dsc_0825s

 

 

 

 

 

△カメラ SONY Xperia 5 III
△レンズ 4.4 mm
△紀行日 2021/11/27(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

氷見線の終着駅氷見から線路延長のきざしはなく

 氷見線の終着駅氷見を訪れてきました。(2017年訪問)

 なんと氷見線と城端線が、本当に「あいの風とやま鉄道」へ移管されるようです。(2023/11/29 NHK

 氷見線は高校時代に旧型客車で乗っていたので思い入れがあり、まさか三セクの時代を迎えることになるとは信じられません。移管が吉と出ることを祈るばかりです。

※関連記事 城端駅は国鉄時代のまま 富山駅で南北接続 期待ふくらむ富山駅 北陸新幹線あと111日! 旧塗装交直流急行型475系

 

 

 

▼終着氷見駅のホームは、かさ上げ部と延伸部との高低差が微妙に残る。しかしそれも有効長短縮で、今や関係なくなった。
20171216_img_7083s

 

 

 

▼駅名標の漢字から、何となく寒々しい富山湾が想像できる。関東と違ってまだ点灯しているのがうれしい。
20171216_img_7106s

 

 

 

▼駅構内に設置されているのは積雪計だろうか。同日に城端も訪れたが、やはり海沿いの氷見は積雪が少なかった。
20171216_img_7096s

 

 

 

▼氷見駅は、城端と同規模の1面2線。しかし片側のホームは使用停止中のようで、側線と共にそのまま残っている。
20171216_img_7105s

 

 

 

▼いつからあるのか、駅名は厚みがある切り抜き文字。青色は、富山湾の色か、コーポレートカラーか。
20171216_img_7077s

 

 

 

▼かつての機回し線はとっくに短縮され、そこに復活した腕木信号機が終着駅風情を創り出していた。
20171216_img_7093s

 

 

 

▼腕木信号機の重錘桿を目の当たりにできる。かつて駅構内のシンボルだったからこそ、粟津から里帰りしたのだろう。
20171216_img_7090s

 

 

 

▼氷見線がここから能登半島方面へ伸びることはなかった。これからは富山との直結を期待したい。
20171216_img_7112s
撮影地 富山県氷見市伊勢大町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2017/12/16(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

フォト
無料ブログはココログ