« 福井駅高架ホームは北陸新幹線1面2線と在来線ハピラインふくい2面4線に | トップページ | 小田原駅橋上駅舎化の頃はまだアイボリー色通勤車が多かった小田急線 »

2023/10/07

電化後の長崎本線複線区間に開業した西諫早も非電化エリアに

 新幹線開業翌日に、長崎本線西諫早駅を訪れました。

 西九州新幹線開業から1年、そして西諌早が非電化化されて1年がたちました。今まで並行在来線は、新幹線開業による廃止はありましたが、廃止以外で架線が撤去されるのは初めてでしょう、しかも一部は複線もの…。

 地元利用者にとっては、電車のような新型車YC1系が来るので、日常生活は大きくは変わらないのかもしれません。しかし、鉄道ファンとしては電化/非電化は趣味的に大きな分かれ目です。名残の電化設備を見つめてきました。

※関連記事 かもめ号同一ホーム接続 嬉野温泉に新幹線 開業日の新幹線長崎駅へ 佐賀空港ルートのメリット 改称される肥前山口 電化/非電化区界になる肥前浜 小長井の架線も撤去 長崎駅地平ホーム 高架長崎駅の電化設備

 

 

 

▼長崎本線が電化されて9年後、国鉄時代末期1985年の開業という西諫早。この駅名標枠の広さは何だろう。
20220924_img_0420s

 

 

 

▼長崎行の気動車YC1系がやってきた。もう西諫早に普通電車は来ない、電車特急かもめも通過しない・・・。
20220924_img_0445s

 

 

 

▼1976年(昭和51年)の長崎本線電化から46年、この電化設備を放棄する決断がされた。たしかに、気動車の方が効率的で在来線ネットワーク上も不要といわれれば、それまでなのだが。かくして、拡大してきた電化区間の後退が始まる。
20220924_img_0408s

 

 

 

▼夏草がホームを覆う。使わないエリアはもう誰も気にしないらしい。
20220924_img_0411s

 

 

 

▼請願駅だけあって、駅周辺は住宅街が広がり長崎道のインターにも近く、長崎近郊らしい環境にある。しかし、2022年春に西諫早は無人駅化されたらしい。ネット購入の宣伝が理由を物語る。
20220924_img_0438s

 

 

 

▼翌年の開業の備えて造られたプレートが残っていた。
20220924_img_0439s

 

 

 

▼もう5両編成が停まることもないのか。
20220924_img_0398s

 

 

 

▼西諫早駅にとっては初めての、非電化区間の時代が始まった。もうこの架線を使う電車は来ない。今までお疲れさま、さらば長崎本線の電化設備。
20220924_img_0390s
撮影地 長崎県諫早市小船越町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/9/24(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 福井駅高架ホームは北陸新幹線1面2線と在来線ハピラインふくい2面4線に | トップページ | 小田原駅橋上駅舎化の頃はまだアイボリー色通勤車が多かった小田急線 »

19_九州」カテゴリの記事

コメント

これは1年前の写真ですね。今はどう変わっているのでしょう。地方都市の人口減が起きています。
首都圏在住者にはわからないことです。

★イチローさん
長崎は観光地のイメージとは裏腹に、人口減が激しいようで心配です。

架線撤去は、トンネル区間などから始まっているようですが、西諌早も今はもう無いのかも??

電化区間が無くなるのは何とも不思議な感じですね。

確かに気動車化すれば広範囲な鉄道ネットワークが出来るかもしれません。

この動きがどうなるか注目です‼️

★汽車空間さん
かつて栗原とか名鉄の例はありましたけどね、今回は本線格なんでショックです。

ただハイブリッド車や水素車が進化したら、架線を使う電車の意味は薄れるのでしょうか・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福井駅高架ホームは北陸新幹線1面2線と在来線ハピラインふくい2面4線に | トップページ | 小田原駅橋上駅舎化の頃はまだアイボリー色通勤車が多かった小田急線 »

フォト
無料ブログはココログ