« 小田原駅橋上駅舎化の頃はまだアイボリー色通勤車が多かった小田急線 | トップページ | 飛騨山脈の懐近く城端線城端駅は国鉄時代のままのよう »

2023/10/22

西武線への塗装車譲渡は想像できなかった小田急線8000形の2020年年越し

 2020年へ新宿駅で年越ししていた、8000形10両編成を見てきました。

 小田急線8000形で最近驚いたのは、やはり誰も想像しなかった?西武線への譲渡です。(2023/9/26リリース

 これで8000形が少し長生きできると安堵しながらも、心配なのは小田急線からアイボリー色の通勤車が消えてしまうことです。本当に小田急線は、長らく築いてきた小田急線の良いイメージを手放してしまうのでしょうか・・・。

※関連記事 小田原駅橋上駅舎化の頃 鉄道展2015車両展示は8000形 8000形の2020年年越し 8000形が函南でひと休み 8000形が小手指車両基地に

 

 

 

▼この後のコロナ渦を誰も想像もしていなかった2020年元旦、新宿駅では8000形が新たな年を迎えていた。
20200101_img_7105s

 

 

 

▼人が使う乗り物で、金属地むき出しなのは電車だけではないか。環境への課題を乗り越えて、この色の輝きを残してほしい。
20200101_img_7102s

 

 

 

▼色鮮やかな停止位置目安塗分けは、ホーム柵が出来てからのものだろう。
20200101_img_7131s

 

 

 

▼新小田急マークはアイボリー塗装によく似合っている。
20200101_img_7109s

 

 

 

▼分割併合ができる4+6編成は、輸送力の調整に長年効果を発揮してきた。固定10両化は今後も正解だろうか。
20200101_img_7128s

 

 

 

▼それまでの鋼製車両に比べて、窓枠の縁取りがイメージを変えた8000形。
20200101_img_7106s

 

 

 

▼保守も良かったのか外観からは劣化を感じられなかったので、廃車が進むのが信じられない。信じたくない…。
20200101_img_7117s

 

 

 

▼8000形がこうして年を越せるのもあと何回だろう、と感じた2020年元旦だった。
20200101_img_7121s_20231022114301
撮影地 東京都新宿区新宿

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2020/1/1(水)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 小田原駅橋上駅舎化の頃はまだアイボリー色通勤車が多かった小田急線 | トップページ | 飛騨山脈の懐近く城端線城端駅は国鉄時代のままのよう »

01_小田急線」カテゴリの記事

コメント

小田急8000形の西武鉄道への譲渡は本当に驚きました。

デビューから40年になりますが、車体の状態はよさそうで足回りや内装も更新されているので、古さを感じません。
新小田急マーク、ケイプアイボリーに似合ってます!

終焉が近づいてきた8000形ですが、小田急線と西武国分寺線で少しでも長く走り続けてほしいです。
2027年の開業100周年の際には、記念のイベント塗装も見てみたいです。

★MIRUMIRUさん
正直個人的には、3000形が譲渡されてでも、8000形には残ってほしいです(笑)

2027年まで残れるかは、微妙ですかね。通勤車オール無塗装化の年にならないことを、祈るばかりです。。

地元、西武鉄道のユーザーとしつ沿線でこの電車が走るのは胸が熱くなる思いですね😃

小田急電車の象徴とも言える白い車体に青いラインがいつまで走るかわかりませんが記録に残していかなければなりません。

★汽車空間さん
まずは転属で塗装がどうなるのか、私は西武線4000系色を期待したいですね。

あとはやはり移動ルートが気になるところで、甲種なら久々出撃?したいです^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田原駅橋上駅舎化の頃はまだアイボリー色通勤車が多かった小田急線 | トップページ | 飛騨山脈の懐近く城端線城端駅は国鉄時代のままのよう »

フォト
無料ブログはココログ