« 足柄駅から専売公社工場への専用線廃線跡は「久野緑の小径」に | トップページ | いつまで残るか宗谷本線最北の無人駅兜沼・勇知・抜海から宗谷岬へ »

2023/07/01

日田彦山線添田駅は分岐駅からBRTひこぼしライン乗り換え駅に

 BRT工事が始まる前、2021年に日田彦山線添田駅を訪れました。

 いよいよ日田彦山線「BRTひこぼしライン」は、8月28日に開業だそうです(2023/5/28発表)。ただこれで、日田と彦山には直通しない「日田彦山線」になってしまいます。

 鉄道はネットワークがあってこそとは思いますが、災害復旧をあきらめてバスを選んだ結果はどうなるのか、長い目で見ていたい気がします。

※関連記事 新潟交通廃線跡を歩く 大船渡線盛駅にBRTバス

 

 

 

▼くっきりとした鉄道のラインが、またしても災害で消えていく。
20210807_img_7197s

 

 

 

▼添田といえば添田線。かつて国鉄の営業係数で話題になったことを思い出す。
20210807_img_7205s

 

 

 

▼かつてあったらしい跨線橋と「1番のりば」は跡形もない。そして今度は「2番のりば」が・・・。
20210807_img_7225s

 

 

 

▼ソテツ植わるホームと駅名標スタイルが九州らしい。
20210807_img_7209s

 

 

 

▼田川後藤寺方面、すぐ終端になる線路は旧添田線の名残か。50kg化もされていないレールに、力の入れ具合がわかる。
20210807_img_7201s

 

 

 

▼そして日田方面、レールは赤くなっているが、律儀に赤信号が灯っていた。これで添田からは2方面が廃線になる。
20210807_img_7214s

 

 

 

▼2017年の不通から4年。災害による鉄路撤退は、人口減少時代の宿命なのだろうか。
20210807_img_7231s

 

 

 

▼駅舎内の物産館では日田彦山線の写真展が開かれていて、地元に愛されていることを感じた。どうかせめて日田彦山線のBRTが長続きしますように。
20210807_img_7237s
撮影地 福岡県田川郡添田町添田

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2021/8/7(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 足柄駅から専売公社工場への専用線廃線跡は「久野緑の小径」に | トップページ | いつまで残るか宗谷本線最北の無人駅兜沼・勇知・抜海から宗谷岬へ »

19_九州」カテゴリの記事

コメント

コロナで変わっちゃいました。外出の自粛、インバウンドもない、人口減少、いいことないです。

★イチローさん
それにしても、なぜ日本ではまだマスクする人が多いのか不思議です・・・、個人の判断ですが。

イギリス女王の式典とか、スポーツ大会とか、海外見ているとすっかり戻っているのに。。

各地のローカル線が難しい問題に直面して、それに対して自然災害が追い討ちをしているようです。

鉄道の存在が社会の上位に立つためには国だけではなく地元の取り組みも大切ではないでしょうか。

★汽車空間さん
最近多いです。津軽線、米坂線、肥薩線、そしてまた美祢線までもが・・・。

地方側は線区毎ではなく国全体でも考えてほしいと言われていますね。ということは互いに相手頼みでしょうか??

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足柄駅から専売公社工場への専用線廃線跡は「久野緑の小径」に | トップページ | いつまで残るか宗谷本線最北の無人駅兜沼・勇知・抜海から宗谷岬へ »

フォト
無料ブログはココログ