« 羽田空港アクセス線になる大汐線は高層ビル街と京浜運河を縦断 | トップページ | 42駅廃止検討候補に入った宗谷本線南幌延駅の板張りホームと待合小屋 »

2023/06/18

新潟交通廃線跡を歩く(1)東関屋~平島のオレンジロード

 新潟交通の廃線跡、遊歩道になった東関屋~平島を歩いてきました。

 県庁所在地でこれだけの市街地を走っていた路線が、廃止になったのはつくづく残念でした。

 廃線跡で昔の名残を探すのも楽しいものですが、やはり現役の路線を見て歩くのにはかないません・・・。

※関連記事 新潟交通廃線跡(2)寺地~焼鮒 夢の跡だった東関屋駅 東関屋駅跡で小田急2220形 添田駅はBRT乗り換え駅に 大船渡線盛駅にBRTバス

 

 

 

▼東関屋駅を出発すると関屋大橋へ上っていた、線路跡を歩く。今は車道をBRT萬代橋ラインが走る。
20220605_img_5977s
撮影地 新潟県新潟市中央区関南町

 

 

 

▼関屋分水路を渡ったかつての撮影ポイントも、辺りは変わらないようだった。
20220605_img_5999s

 

 

 

▼線路跡が左にカーブするのが、はっきりわかる。その先、東青山駅はイオン(旧ジャスコ)に便利だったが。
20220605_img_6000s

 

 

 

▼1999年の廃止から20年以上経つのに、駅跡がわかる歩道オレンジロードが整備されたのはうれしい。
20220605_img_6005s

 

 

 

▼現役時代に何回も乗った路線の廃線跡を見に来ると、楽しいのか悲しいのかよくわからなくなる・・・。
20220605_img_6012s

 

 

 

▼開業前の完成した線路を歩くツアーに参加してみたいが、経験が無い。今のところ廃線跡を歩くのみ。
20220605_img_6031s

 

 

 

▼東青山跨道橋からの下り勾配が終わると歩行者信号が見えた。かつての運転士が見たらどう感じるだろう。
20220605_img_6043s

 

 

 

▼遊歩道はきれいに整備されて歩きやすいが、線路敷きを感じるのはわずかだった。
20220605_img_6061s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/6/5(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 羽田空港アクセス線になる大汐線は高層ビル街と京浜運河を縦断 | トップページ | 42駅廃止検討候補に入った宗谷本線南幌延駅の板張りホームと待合小屋 »

14_甲信越」カテゴリの記事

コメント

これだけの人口密集地帯なのに廃止は残念です。

ライトレールにして存続していれば利用者も増えたかもしれません。
色々、難しい問題もあったのかもしれません。

★汽車空間さん
日本海側でも遜色ない都市規模なのに・・・、萬代橋は路面電車も走れるのに・・・。

線路が通ずるのは、熱意とタイミングと運次第ということを感じますね。

イオンがあっても、重たい荷物を持って駅まで行くのは大変です。やはり自動車が便利です。特に家族持ちなら。
ブロガーさんはどこにお住まいかわかりませんが、地方は車社会です。地方住まいだとはっきりとわかります。

★イチローさん
東青山駅は旧ジャスコが目の前だったけど、階段と横断歩道があるから、たしかに冬とか大変だったでしょうね。。

とはいえ、金沢・富山・福井より人口が多い本州日本海側最大の都市なのに、新潟だけ私鉄が続かなかったのが残念なのです・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽田空港アクセス線になる大汐線は高層ビル街と京浜運河を縦断 | トップページ | 42駅廃止検討候補に入った宗谷本線南幌延駅の板張りホームと待合小屋 »

フォト
無料ブログはココログ