« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023/06/18

42駅廃止検討候補に入った宗谷本線南幌延駅の板張りホームと待合小屋

 なんとか生き残っている、宗谷本線南幌延駅を訪れてきました。(2020年訪問)

 廃止されずにホッとしていたのもつかの間、今度は42駅無人駅廃止検討(2023/6/17道新)だそうです・・・。

 これがバス停廃止だったら知らぬ間に消えていそうなものですが、やはり全国鉄道網の駅廃止だから話題になるのでしょう。

※関連記事 抜海駅も廃止か 稚内市最南勇知駅 兜沼が見える兜沼駅 さらば歌内駅

 

 

 

▼幌延町道「開進6号線」に踏切標識が現れた。
20200922_img_1430s

 

 

 

▼駅の原点を見るような、板張りホームこれだけ。
20200922_img_1436s

 

 

 

▼何となく感じる、板張りホームの温もり。
20200922_img_1452s

 

 

 

▼利用客が行きやすい、踏切のわきに駅。
20200922_img_1448s

 

 

 

▼ここも警報灯が全方位タイプになり、安全への予算はあるよう。
20200922_img_1460s

 

 

 

▼踏切反対側の待合い小屋が新しく見える。
20200922_img_1469s

 

 

 

▼開業60周年でリニューアルされたようだった。おめでとう、末永く続くといいのだが。
20200922_img_1464s

 

 

 

▼「南上幌延集会所」に咲く花も、列車では見に行けなくなってしまう。がんばってほしい、宗谷本線南幌延駅。
20200922_img_1478s
撮影地 北海道天塩郡幌延町開進

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2020/9/22(火)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

新潟交通廃線跡を歩く(1)東関屋~平島のオレンジロード

 新潟交通の廃線跡、遊歩道になった東関屋~平島を歩いてきました。

 県庁所在地でこれだけの市街地を走っていた路線が、廃止になったのはつくづく残念でした。

 廃線跡で昔の名残を探すのも楽しいものですが、やはり現役の路線を見て歩くのにはかないません・・・。

※関連記事 新潟交通廃線跡(2)寺地~焼鮒 夢の跡だった東関屋駅 東関屋駅跡で小田急2220形 添田駅はBRT乗り換え駅に 大船渡線盛駅にBRTバス

 

 

 

▼東関屋駅を出発すると関屋大橋へ上っていた、線路跡を歩く。今は車道をBRT萬代橋ラインが走る。
20220605_img_5977s
撮影地 新潟県新潟市中央区関南町

 

 

 

▼関屋分水路を渡ったかつての撮影ポイントも、辺りは変わらないようだった。
20220605_img_5999s

 

 

 

▼線路跡が左にカーブするのが、はっきりわかる。その先、東青山駅はイオン(旧ジャスコ)に便利だったが。
20220605_img_6000s

 

 

 

▼1999年の廃止から20年以上経つのに、駅跡がわかる歩道オレンジロードが整備されたのはうれしい。
20220605_img_6005s

 

 

 

▼現役時代に何回も乗った路線の廃線跡を見に来ると、楽しいのか悲しいのかよくわからなくなる・・・。
20220605_img_6012s

 

 

 

▼開業前の完成した線路を歩くツアーに参加してみたいが、経験が無い。今のところ廃線跡を歩くのみ。
20220605_img_6031s

 

 

 

▼東青山跨道橋からの下り勾配が終わると歩行者信号が見えた。かつての運転士が見たらどう感じるだろう。
20220605_img_6043s

 

 

 

▼遊歩道はきれいに整備されて歩きやすいが、線路敷きを感じるのはわずかだった。
20220605_img_6061s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/6/5(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2023/06/03

羽田空港アクセス線になる大汐線は高層ビル街と京浜運河を縦断

 田町駅から京浜運河にかけて、新幹線回送線と大汐線が併走する線路沿いを歩いてきました。

 ようやく昨日港区では、羽田空港アクセス線の起工式が行われたようです。(2023/6/2報道

 東海道貨物線だった大汐線を、上野東京ライン15両編成が直通する姿を想像するのは、何とも楽しいものでした。

 

 

 

▼5複線と大汐線をまたぐ札の辻橋から。休止中の大汐線は以前から気になっていたが、田町駅付近の単線は撤去されていた。
20230505_img_1514s

 

 

 

▼札の辻現業事務所に置かれていた、かつての架線柱らしきもの。新線は新幹線を単線シールドトンネルでくぐるらしい。
20230505_img_1555s

 

 

 

▼本線から分かれ、新幹線回送線(上)・大汐線(中)は新芝運河を越える。芝浦併用橋と名乗るのは、川と道路のという意味か。
20230505_img_1584s

 

 

 

▼確かに「汐留」とを結んでいた大汐線の名残が残る。今の汐留に貨物駅の面影はまるでない…。
20230505_img_1590s

 

 

 

▼回送線を走る新幹線風景を初めて見た。大汐線高架橋も昭和40年代建設なら、整備すればまだ使用できそう。
20230505_img_1604s

 

 

 

▼浜松町でくぐった東京モノレールを、品川埠頭で今度は跨ぎ超えることになる。
20230505_img_1641s

 

 

 

▼京浜運河を渡る、新幹線回送線と大汐線。羽田までどんな電車が直通するだろう、想像するだけでも楽しい。
20230505_img_1675s

 

 

 

▼大井車両基地へ帰る新幹線を見下ろす、マンションが増えていた。羽田空港アクセス線が開業する2031年頃、また来てみよう。
20230505_img_1738s
撮影地 東京都品川区東品川

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX10
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2023/5/5(金)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

奥津軽いまべつ駅前の津軽線津軽二股駅は復活なるか

 新幹線奥津軽いまべつ駅の開業日、津軽線津軽二股駅にも訪れました。

 新幹線開業でも奇跡的に残った津軽線は、2022年の大雨で不通になり、とうとう一部が最後通告されたようです。(2023/5/13報道

 さすがに1日5本では・・・とは思いますが、ファンとして超ローカル線への思いは、やはり消えることがありません。

※関連記事 有人駅で開業した北海道新幹線奥津軽いまべつ駅

 

 

 

▼在来線同士の頃から話題だった、隣り合う異なる駅名。屋根付き通路に、津軽今別駅を思い出す。
20160326_img_3279s

 

 

 

▼さすがに新幹線開業には備えたのか、駅名標が鮮やか。ただ津軽線が無ければ、新幹線通路も安く済んだかもしれない・・・。
20160326_img_3288s

 

 

 

▼並行在来線から外れた超ローカル線。ここもご多分にもれず、災害による不通を理由に廃線を迎えそうな気配。
20160326_img_3294s

 

 

 

▼三厩側には、新幹線と津軽海峡線が北海道へと延びている。同じ鉄道でもあまりに違う、線路規格。
20160326_img_3284s

 

 

 

▼青森へは970円だが、5月27日から始まったSuicaエリアは、はるかに遠い。
20160326_img_3295s

 

 

 

▼新幹線駅の手前に、在来貨物線と在来旅客線。貨物列車が停車しているのが、なんとも新鮮だった。
20160326_img_3268s

 

 

 

▼奥津軽いまべつ駅開業日も残っていた「津軽今別駅」。3つの駅名が交錯した日。
20160326_img_3278s

 

 

 

▼新幹線保守基地の隣で、カーブを描いて分かれる津軽線。もう列車が来ないとすると・・・残念な結末を迎える。
20160326_img_3257s
撮影地 青森県東津軽郡今別町大川平清川

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS 8000D
△レンズ EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
△紀行日 2016/3/26(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

フォト
無料ブログはココログ