« 留萌本線の一部廃止で期間限定終着駅になる石狩沼田駅(2026年廃止見込) | トップページ | 開業した東急新横浜線新綱島駅の地上は再開発中 »

2023/03/11

2年半しか使わなかった長崎本線長崎高架駅の電化設備(2022年使用停止)

 架線への送電が停まった新幹線開業日、在来線長崎駅の電化設備を見てきました。

 長崎本線高架長崎駅は、電化施設を備えて2020年3月の開業でした。あれから2年半、新幹線開業でまさか在来線長崎駅が電化廃止になるとは想像出来なかったです。長崎本線の電化撤去は始まったと聞くので、そのうち長崎駅でも始まるのでしょうか。

 県庁所在地の高架終端駅だけではなく、その非電化化でも全国初の事例になってしまったようです・・・。

※関連記事 かもめ号同一ホーム接続 嬉野温泉に新幹線 開業日の新幹線長崎駅へ 佐賀空港ルートのメリット 改称される肥前山口 電化/非電化区界になる肥前浜 小長井の架線も撤去 長崎駅地平ホーム 武雄温泉から嬉野温泉へ 嬉野温泉の九州新幹線高架橋

 

 

 

▼昨日まで走っていた長崎本線特急「かもめ」の名残は、この停止位置マークくらいだった。
20220923_img_0364s

 

 

 

▼すっかりYC1の独断場になっていた高架長崎駅。新幹線開業日の今日、架線への送電は早速止められたらしい。
20220923_img_0322s

 

 

 

▼長崎本線の架線終端部。これだけ立派な電化設備を備えたのに、使用停止になったとは信じがたい。
20220923_img_0335s

 

 

 

▼西九州新幹線と並んで、長崎本線の終端部も開放的になっていた。ドデカ終端標が九州らしい。
20220924_img_0648s

 

 

 

▼流れるようなデザインの屋根は、新幹線長崎駅と一体になるように造られていた。
20220924_img_0650s

 

 

 

▼1・2番線ホームの有効長は短め。架線を吊る可動ブラケットも撤去されてしまうのだろうか。
20220924_img_0663s

 

 

 

▼2面4線の高架駅から電化施設が撤去されたら、鳥取高架駅のように空が広くなりそう。
20220924_img_0628s

 

 

 

▼駅名標には既にパンタグラフが無い車両が描かれていた。ありがとう、さらば在来線長崎駅の電化設備。
20220923_img_0369s
撮影地 長崎県長崎市

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/9/23(金)~24(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« 留萌本線の一部廃止で期間限定終着駅になる石狩沼田駅(2026年廃止見込) | トップページ | 開業した東急新横浜線新綱島駅の地上は再開発中 »

19_九州」カテゴリの記事

コメント

電化設備の撤去は少し勿体ない感じですが長距離を走る列車の発着は今後は無いのでしょうか?

維持費等を考えれば妥当かもしれませんが、少し勿体ない感じですね😃
銀色のEF510が牽引する夜行列車を長崎駅で見てみたいです。

★ 汽車空間 さん
ななつ星の停止標があったので、一応客車入線は可能な配線のようです。

本州からの直通夜行が復活するときには、(旧)肥前山口で機関車付け替えですかね(笑)

もったいないですね。県庁所在地で架線がない駅は鳥取、徳島、高知かな

★ イチロー さん
元々別事業でスケジュールは合わなかったんでしょうが、いかにも公共事業という感じはしますね・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 留萌本線の一部廃止で期間限定終着駅になる石狩沼田駅(2026年廃止見込) | トップページ | 開業した東急新横浜線新綱島駅の地上は再開発中 »

フォト
無料ブログはココログ