« かもめ号どうし同一ホーム接続が始まった武雄温泉初日のにぎわい | トップページ | 1面2線化された東武日光線板荷駅前には製材所と小商店 »

2022/10/23

地下化まであと2週間になった東横線渋谷かまぼこ屋根高架駅

 2013年3月に東横線渋谷駅が地下化される14日前、再び渋谷駅を訪れました。

 鉄道150年の今年2022年、ちょうど鉄道記念日にはNHKドキュメント72時間さよなら渋谷・カマボコ駅舎』が再放送されたようです。

 あれからもうすぐ10年。高架駅だった東急東横線渋谷駅を、私も振り返ってみたいと思います。

※関連記事 渋谷高架駅地下化まで180日 渋谷駅前の東急5000系青ガエル 東急桜木町切替一夜

 

 

 

▼最終期のカマボコ駅舎。『新・渋谷ターミナル、はじまる。HELLO! NEW SHIBUYA TERMINAL』宣伝が、期待の大きさを感じさせた。
20130302_img_1673s

 

 

 

▼心なしか最期を感じている人もいるような、週末の渋谷駅。かつて[桜木町]行を見送った、このホーム自体が無くなろうとは。
20130302_img_1715ss

 

 

 

▼高架ホーム上にあった、わずかなくつろぎの場「ドトールコーヒー」。ターミナルならではの光景が眺められた。
20130302_dsc_0029ss

 

 

 

▼背後に「相互直通運転まであと14日」を示していた、東急線キャラクター「のるるん」も高架駅ではあとわずか。
20130302_img_1769s

 

 

 

▼やはり横浜寄りへ行くほど空いていたので、先細りのホームを先へ先へと。
20130302_img_1706s

 

 

 

▼地下化前に高架渋谷駅で、東京メトロ副都心線7000系の営業運転が見られたのは、かなり意外感があった。
20130302_img_1690s

 

 

 

▼ちょうど東横線では、新しい車両のイメージだった9000系も最期の時を迎えていた。
20130302_img_1752s

 

 

 

▼この陣容の高架駅が消滅するとは信じがたかった、地下化14日前。これからこの空に向かって、高層ビルはどこまで伸びていくのだろう。お疲れさま、さらば東横線渋谷高架駅。
20130302_img_1700s
撮影地 東京都渋谷区

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS 6D
△レンズ EF24-105mm F4L IS USM
△紀行日 2013/3/2(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

« かもめ号どうし同一ホーム接続が始まった武雄温泉初日のにぎわい | トップページ | 1面2線化された東武日光線板荷駅前には製材所と小商店 »

13_関東」カテゴリの記事

コメント

あんなに大きな駅が地下に移設されるとは何とも不思議な感じがしまいますが、東急の電車が埼玉県方面に向かう重要なプロセスなので大きな発展として受け止めましょう。

相鉄の電車が入線する姿を見たかったです。

★ 汽車空間 様
横浜も、桜木町も、渋谷も、東横線地下化は私にとって考えもつきませんでした。

せいぜい相鉄線横浜駅から隣の高架東横線へ乗り入れが出来ないかと、夢みたくらいで・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かもめ号どうし同一ホーム接続が始まった武雄温泉初日のにぎわい | トップページ | 1面2線化された東武日光線板荷駅前には製材所と小商店 »

フォト
無料ブログはココログ