« 思い出の寝台特急北斗星(上野-札幌)《復活してほしい夜行列車18》 | トップページ | 思い出の寝台特急あけぼの(上野-秋田-青森)《復活してほしい夜行列車20》 »

2022/09/03

思い出の寝台特急はくつる(上野-八戸-青森)《復活してほしい夜行列車19》

 北東北へ夜旅立つとき、急行八甲田の廃止後も「はくつる」の選択肢がありました。

 定期夜行はくつるなら青森到着は8時17分、現在東京から朝イチの新幹線に乗っても新青森には9時49分です。その差1時間半ですが、そこに夜行列車の価値はありました。さらに当日発だと朝は慌ただしいし、新幹線が停まらない野辺地とかなら乗り換えなしの利点もありました。

 新幹線と夜行列車の選択肢があって、それぞれに鉄道のメリットを競い合うような時代が、また来てほしいものです。

※関連記事 今こそ夜行列車復活で長距離移動のグレート・リセットを 復活してほしい夜行列車の魅力 ドリームにちりん宮崎空港行で最後の年越し 大垣夜行ムーンライトながらに復活してほしい理由 復活してほしい中央夜行ムーンライト信州 2018年をサンライズ瀬戸で目覚めたら琴平 ありがとう14系客車夜行急行

 

 

 

▼12月の東北新幹線八戸開業をひかえた、2002年夏。上野発の夜行列車「はくつる81号」で旅立った。
20020812_dscf0023ss

 

 

 

▼乗り慣れない寝台電車、3段式のB寝台車内に圧倒される。修学旅行でみんなで乗れば、いい思い出になっただろう。
20020816_dscf0131ss

 

 

 

▼寝台電車583系には、グリーン車という座席の選択肢もあった。区間乗車とかにはちょうどいいのかも知れない。
20020812_dscf0001s

 

 

 

▼東北本線夜行列車最後の夏、今迄どれだけの人たちがここから旅発ったのだろう。21時45分、上野駅地平ホーム発車。
20020812_dscf0008ss

 

 

 

▼定刻なら翌朝6時58分、この日は途中大雨のため2時間40分遅れの9時40分頃、終点青森到着。貫通路は閉ざされているが、ここから見るとまた新鮮な感じがした寝台電車。
20020813_dscf0030s

 

 

 

▼月光型ここにあり。高度成長時代を全国で支えた昼夜兼行特急電車のエースに、体験することができたのは良かった。
20020813_dscf0028s

 

 

 

▼長旅は夜行列車でと決めていたので、帰途も夜行はくつるで帰京した。青森ベイブリッジに見送られて、21時ちょうど、青森発車。
20020816_dscf0118s

 

 

 

▼22時07分、八戸。寝台電車は小窓からの車窓も有り難かった。どうか復活してほしい、夜行はくつる。
20020816_dscf0129s
撮影地 青森県八戸市大字尻内町

 

 

 

 

 

△カメラ FUJIFILM FinePix4500
△紀行日 2002/8/12(月)、8/16(金)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

※『復活してほしい夜行列車』シリーズ
 (1)夜行列車 旅が味わえる魅力
 (2)夜行列車 週末に遠出できる魅力
 (3)夜行列車 早朝から動ける魅力
 (4)夜行列車 気軽に使える魅力
 (5)夜行列車 安心して寝られる魅力
 (6)夜行列車 旅の機会が増える魅力
 (7)夜行列車 利用者からみた欠点
 (8)夜行列車 鉄道会社の事情
 (9)夜行列車 これからの夢
(10)夜行列車 個人的な興味 [1] [2] [3]

(11)思い出の ムーンライトながら
(12)思い出の ムーンライトえちご
(13)思い出の ムーンライト信州
(14)思い出の 夜行急行はまなす
(15)思い出の 夜行特急まりも
(16)思い出の 夜行特急オホーツク
(17)思い出の 夜行特急利尻
(18)思い出の 寝台特急北斗星
(19)思い出の 寝台特急はくつる
(20)思い出の 寝台特急あけぼの

(21)思い出の 夜行急行能登
(22)思い出の 寝台特急北陸
(23)思い出の 寝台急行きたぐに
(24)思い出の 夜行急行ちくま
(25)思い出の 夜行急行アルプス
(26)思い出の 寝台急行銀河
(27)思い出の 寝台特急あさかぜ
(28)思い出の 寝台特急さくら
(29)思い出の 寝台特急はやぶさ
(30)思い出の 寝台特急出雲

 

 

 

 

 

« 思い出の寝台特急北斗星(上野-札幌)《復活してほしい夜行列車18》 | トップページ | 思い出の寝台特急あけぼの(上野-秋田-青森)《復活してほしい夜行列車20》 »

60_夜行紀行」カテゴリの記事

コメント

私は94年の9月に北海道に行くのに利用しました。
節約するために座席車でいったのは懐かしく思います。

背の高い車内は今でも印象的に感じます。
今でも走る寝台電車の先駆けになった偉大な功労者です。

★汽車空間さん
まだ八甲田や十和田など夜行急行が走ってた90年代は、寝台特急は高嶺の花で縁遠い存在でした。

そのうちもう選択肢が少なくなり寝台特急も乗り始めるのですが、もっと早くから使えば良かったと思いますね。

583系の初乗車は急行きたぐにでした。
ずーっと乗りたいと思っていたのですが、90年代の寝台特急は未乗で、きたぐにでついに乗ることができました。

583系の3段式B寝台は幅広で寝心地がよかったです。2枚目のお写真の通り、見た目の迫力もありましたね。懐かしいです…。

★MIRUMIRUさん
バリアフリーにはなり得ない?三段式寝台ですが、昔は詰め込むほど利用者がいた証拠ですね。

若い頃なら座席でも平気でしたが、そのうち横になれることの有り難さを感じると、もう三段でも寝台がよくなり・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出の寝台特急北斗星(上野-札幌)《復活してほしい夜行列車18》 | トップページ | 思い出の寝台特急あけぼの(上野-秋田-青森)《復活してほしい夜行列車20》 »

フォト
無料ブログはココログ