« 思い出の夜行急行はまなす(青森-札幌)《復活してほしい夜行列車(14)》 | トップページ | 思い出の夜行特急オホーツク(札幌-網走)《復活してほしい夜行列車(16)》 »

2022/08/20

思い出の夜行特急まりも(札幌-釧路)《復活してほしい夜行列車(15)》

 道東への列車旅は、夜行「まりも」をよく使いました。

 1990年頃は、人気のドリームカー指定がなかなか取れず、自由席も混雑して途中駅まで座れなかった記憶が何回もあります。

 とはいえ、広い道内を効率的に移動できる手段、そしてそれ自体が旅になるのが夜行「まりも」でした。

※関連記事 今こそ夜行列車復活で長距離移動のグレート・リセットを 復活してほしい夜行列車の魅力 ドリームにちりん宮崎空港行で最後の年越し 大垣夜行ムーンライトながらに復活してほしい理由 復活してほしい中央夜行ムーンライト信州 2018年をサンライズ瀬戸で目覚めたら琴平 ありがとう14系客車夜行急行

 

 

 

▼見栄えするヘッドマークを掲げて、札幌で出発を待つ夜行まりも。明日へと向かう夜行での旅立ちは、とくにワクワクする。
20030811_img_1264ss

 

 

 

▼最盛期の夜行まりもは、かつてのように根室へ臨時で直通し、北海道でも日本最東端への列車旅を満喫することができた。
20030811_img_1262s

 

 

 

▼23時ちょうど、札幌発車。まりもキハ183系と近郊型721系は、顔立ちが似ているような・・・。国鉄設計陣は偉大なり。
20030811_img_1278s

 

 

 

▼そして翌朝5時45分、釧路到着。早朝はいつもこんな空だった気がする。まぁ道東だから。。それでも旅人はこの先へと向かう。
20030812_img_1281s

 

 

 

▼根室直通とは、ずいぶん積極的にやってくれると喜んでいた。とはいえ終点まで乗る客は多くなく、もっと乗っておきたかった。
20030812_img_1288ss

 

 

 

▼この日は釧路で下車したが、根室まで乗り通したこともあった。荒涼とした道東を走る寝台車編成は、まさにぜいたくの極み。
20030812_img_1290s

 

 

 

▼一方帯広近辺でも、夜行まりもは有用な列車だった。帯広着発は深夜だが、札幌遅帰りや早朝千歳到着の手段になっていた。
20030814_img_1592s

 

 

 

▼新時代の帯広高架駅と夜行まりもの組み合わせは、長く続くものと思い込んでいた。しかし結局まりもは廃止され、道東への列車旅は至極不便になっている。どうか復活してほしい、夜行まりも。
20030814_img_1599s
撮影地 北海道帯広市西2条南12丁目

 

 

 

 

 

△カメラ FUJIFILM FinePix4500
△紀行日 2003/8/11(月)~12(火)、8/14(木)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

※『復活してほしい夜行列車』シリーズ
 (1)夜行列車 旅が味わえる魅力
 (2)夜行列車 週末に遠出できる魅力
 (3)夜行列車 早朝から動ける魅力
 (4)夜行列車 気軽に使える魅力
 (5)夜行列車 安心して寝られる魅力
 (6)夜行列車 旅の機会が増える魅力
 (7)夜行列車 利用者からみた欠点
 (8)夜行列車 鉄道会社の事情
 (9)夜行列車 これからの夢
(10)夜行列車 個人的な興味 [1] [2] [3]

(11)思い出の ムーンライトながら
(12)思い出の ムーンライトえちご
(13)思い出の ムーンライト信州
(14)思い出の 夜行急行はまなす
(15)思い出の 夜行特急まりも
(16)思い出の 夜行特急オホーツク
(17)思い出の 夜行特急利尻
(18)思い出の 寝台特急北斗星
(19)思い出の 寝台特急はくつる
(20)思い出の 寝台特急あけぼの

 

 

« 思い出の夜行急行はまなす(青森-札幌)《復活してほしい夜行列車(14)》 | トップページ | 思い出の夜行特急オホーツク(札幌-網走)《復活してほしい夜行列車(16)》 »

60_夜行紀行」カテゴリの記事

コメント

北海道内の夜行列車の中では一番に乗った夜行列車です。

便利な存在で根室に行ったり、釧網線に乗るのは最高の列車でした。

充実した車内にした夜行列車を走らせれば観光客等の需要を作れるかもしれません。

★ 汽車空間 様
札幌駅で長い列をつくっていた旅人が全員消えたとは思えず、一部は夜行バスやレンタカーへ流出したのでしょう(自分も含めて…)。

とりあえず、261系はまなす・ラベンダー編成が昼夜兼行のフルリクライニングシートになって、復活なることを期待したいですね。

学生時代の1992年夏に初渡道したのですが、北海道ワイド周遊券のおかげで20日弱滞在し、北海道の鉄道と観光地を満喫しました。

札幌と広大な北海道の各方面を結ぶ夜行列車が宿代わりになっていましたが、まりもには一番多く乗車し快適なドリームカーにも何度か乗車しました。

ワイド周遊券と夜行列車の廃止によって、今の若者はかつての旅の醍醐味を味わうことができなくなってしまいました…。誠に残念です。まりも、復活してほしいです。

★ MIRUMIRU 様
やはりドリームカーの快適さと、行先からの行動範囲の広さから、まりもを使う人は多かったようですね。

今はスマホがあるので不自由ないのでしょうが、周遊券も夜行列車も無い道内で旅をする若い世代の感想も知りたい気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出の夜行急行はまなす(青森-札幌)《復活してほしい夜行列車(14)》 | トップページ | 思い出の夜行特急オホーツク(札幌-網走)《復活してほしい夜行列車(16)》 »

フォト
無料ブログはココログ