« 復活してほしい夜行列車 (5)安心して寝られる魅力 | トップページ | 復活してほしい夜行列車 (7)利用者からみた欠点 »

2021/08/08

復活してほしい夜行列車 (6)旅の機会が増える魅力

 ぜひとも復活してほしい夜行列車。

 旅好きにとっては、乗りたい夜行列車があるからこそ、旅に出たくなるともいえます。

 シリーズ6回目は「旅の機会が増える」魅力です。

※関連記事 今こそ夜行列車復活で長距離移動のグレート・リセットを 復活してほしい夜行列車の魅力 ドリームにちりん宮崎空港行で最後の年越し 大垣夜行ムーンライトながらに復活してほしい理由 復活してほしい中央夜行ムーンライト信州 2018年をサンライズ瀬戸で目覚めたら琴平 ありがとう14系客車夜行急行

 

 

 

【①夜行列車があるから旅に出る】 旅に出るから夜行列車を使うのだが、一方で夜行列車があるから旅に出るともいえる。外出自粛の最近改めて感じるのは、旅はなくとも生きてはいけるということ。でも旅のない人生は、人生ではなくなるのではないかと・・・。
20030501_dscf1474s

 

 

 

【②新幹線を使う機会も増える】 お得な夜行列車があると新幹線や特急を使わなくなる、というわけでもない。そもそも夜行列車で旅立つ機会が増えれば、帰りに新幹線や特急を使うかもしれず、結局旅への支出は増えるような気がする。
20050101_img_7855s

 

 

 

【③旅のバリエーションが豊かになる】 九州夜行が走っていた頃は、西への旅は行きに夜行列車、帰りは新幹線などと変化がつけられた。極端なパターンでは、学生時代には延々と普通列車で行ったりして。鉄道の旅には選択肢があって、懐が深かった。
20060501_img_0065s

 

 

 

【④行きも列車なら帰りも列車】 周遊券があった頃は、1枚買えば行きも帰りも基本鉄道になった。バスも飛行機も往復割引はあるが、旅先エリアが乗り放題の周遊券には先見の明があったと思う。逆に言えば、鉄道の手のひらをゆく旅ではあったが。。
20060430_img_0028s

 

 

 

【⑤昼間は直通しない駅まで行ける】 新幹線は通じておらず、かといって昼間は直通列車もない、そんな羽越・山陰・九州方面への夜行列車は貴重だった。東京駅から乗ったのにこんな駅まで来られる、という直通列車ならではの感激が味わえた。
20050102_img_7976ss_20211216222201

 

 

 

【⑥個室でグループで楽しく過ごせる】 九州夜行の「カルテット」は楽しかった。メンバーがそろえばひと部屋で一晩を気ままに過ごせる。残念ながらデジカメ時代になる前に廃止されたので今回画像はないが、当時盛んだった需要喚起策のおかげともいえた。
20030501_dscf1465s

 

 

 

【⑦客車に乗れる貴重な機会】 日本の鉄道が客車列車に始まったことを思うと、客車に乗ることができる夜行列車はある意味貴重な機会だった。電車好きの自分でも、静かさ・直通の便利さ・機動的な編成といった客車の魅力を感じることができた。
20030504_dscf2163ss

 

 

 

【⑧飲んでゆったり】 クルマの移動と比べて優位になるのかはわからないが、飲みながら移動できるのは人によっては大きなメリット。今でも自販機があるフェリーにはかなわないが、移動しながらのゆるんだ時間はまた幸せのひととき。。
20030430_dscf1438s

 

 

 

 

 

△紀行日 乗車列車 カメラ
 ①2003/4/30~5/1 なは[新大阪→西鹿児島] FUJIFILM FinePix4500
 ②2005/1/1~1/2 さくら[東京→長崎] Canon PowerShot S1 IS
 ③2006/4/30~5/1 銀河[東京→大阪] Canon PowerShot S3 IS
 ④2006/4/30~5/1 銀河[東京→大阪] Canon PowerShot S3 IS
 ⑤2005/1/1~1/2 さくら[東京→長崎] Canon PowerShot S1 IS
 ⑥2003/4/30~5/1 なは[新大阪→西鹿児島] FUJIFILM FinePix4500
 ⑦2003/5/4~5/5 はやぶさ[熊本→東京] FUJIFILM FinePix4500
 ⑧2003/4/30~5/1 なは[新大阪→西鹿児島] FUJIFILM FinePix4500 

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

※『復活してほしい夜行列車』シリーズ
 (1)夜行列車 旅が味わえる魅力
 (2)夜行列車 週末に遠出できる魅力
 (3)夜行列車 早朝から動ける魅力
 (4)夜行列車 気軽に使える魅力
 (5)夜行列車 安心して寝られる魅力
 (6)夜行列車 旅の機会が増える魅力
 (7)夜行列車 利用者からみた欠点
 (8)夜行列車 鉄道会社の事情
 (9)夜行列車 これからの夢
(10)夜行列車 個人的な興味 [1] [2] [3]

(11)思い出の ムーンライトながら
(12)思い出の ムーンライトえちご
(13)思い出の ムーンライト信州
(14)思い出の 夜行急行はまなす
(15)思い出の 夜行特急まりも
(16)思い出の 夜行特急オホーツク
(17)思い出の 夜行特急利尻
(18)思い出の 寝台特急北斗星
(19)思い出の 寝台特急はくつる
(20)思い出の 寝台特急あけぼの

 

 

« 復活してほしい夜行列車 (5)安心して寝られる魅力 | トップページ | 復活してほしい夜行列車 (7)利用者からみた欠点 »

60_夜行紀行」カテゴリの記事

コメント

夜行列車に乗りたいから旅に出たくなる人は、今でも少なくないと思います。
ですが、定期運行の夜行列車は「サンライズ瀬戸・出雲」のみとなってしまいました。

旅先エリアが乗り放題の周遊券は、ありがたかったです。

サイトを拝見していると、車両の揺れ具合や客車の走行音が伝わってきそうです。
自分もそれなりに乗車経験がありますが、もっと乗っていれば良かったと思う事
があります。

今の状況で利用客が減っていますが、そんな事に嘆いているのではなく、新しい
顧客の確保に全力で勤めて欲しいものです。
そんな中でブルートレインの復活は検討するべきです。

★ MIRUMIRU 様
わかりやすいのは豪華客車で、乗りたいから旅に出るのでしょう。そうでなくても、多かれ少なかれ旅の手段を選ぶ段階でその魅力を比較すると思います。夜行列車自体には元々魅力が多いはずなので、ぜひそれを活かしてほしいなと思いますね。

★ 汽車空間 様
通勤客を新たに確保するのはたやすいことではなさそうですが、旅行客は一番簡単なような気がします。魅力的な列車と切符があれば、それをきっかけに用は無くても旅に出るんで。切符あるから出かけるいい例が、青春18きっぷでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 復活してほしい夜行列車 (5)安心して寝られる魅力 | トップページ | 復活してほしい夜行列車 (7)利用者からみた欠点 »

フォト
無料ブログはココログ