« 復活してほしい夜行列車 (4)気軽に使える魅力 | トップページ | 復活してほしい夜行列車 (6)旅の機会が増える魅力 »

2021/08/08

復活してほしい夜行列車 (5)安心して寝られる魅力

 どうか復活してほしい夜行列車。

 戦前から走っていたという夜行列車には、ほかには代えられない安心感がありました。

 シリーズ5回目は「安心して寝られる」魅力です。

※関連記事 今こそ夜行列車復活で長距離移動のグレート・リセットを 復活してほしい夜行列車の魅力 ドリームにちりん宮崎空港行で最後の年越し 大垣夜行ムーンライトながらに復活してほしい理由 復活してほしい中央夜行ムーンライト信州 2018年をサンライズ瀬戸で目覚めたら琴平 ありがとう14系客車夜行急行

 

 

 

【①バスでは不安】 夜行バスも便利で何回か使ったが、何となく違うと思うのはその安心感。いつもニュースになるわけではなく普段は大丈夫なのだが、やはりふと不安を感じることがある。このドライバーさんに一晩命を預けるのかと思うと…。
20090719_img_2614s

 

 

 

【②レールを外れない限り安心】 鉄道もバスと同じで人間が動かすとはいえ、走る線路が決まっていて万が一の時にも止まる仕組みになっているのは、安心感が違う。不安を考え出したらキリはないが、今のところ鉄道の方が優位性はある。
20050103_img_8279s

 

 

 

【③揺れとガタンゴトンが眠気を誘う】 昼間でも電車に乗っていてついウトウトしてしまうことがあるが、あれは鉄道特有の揺れが影響しているらしい。確かに普段寝る環境とはえらい違いがある音の中で眠れるのは、不思議な気もする。
20080105_img_1130s

 

 

 

【④快速でフルリクライニングシート】 18きっぷ片手に、直角ボックスシートで大垣や上諏訪までひと晩を過ごすのも、20代の頃までは平気だった。それが快速でフルリクライニングだったらこんなにうれしいことはない。今でも新潟局の太っ腹を感じる。
20021012_dscf0473s

 

 

 

【⑤列車で横になれる幸せ】 ボックスシートや回転クロスを反転させてボックスにして“エビ寝”できたとしても、フルフラットの寝台にはかなわない。B寝台を初めて利用した日、列車内でまっすぐ横になれることに感激したものだった。次々と登場した「ゴロンとシート」「のびのびカーペット」「ノビノビ座席」をみると、安く横になって移動したい人はそれなりにいるのだと思う。
20080501_img_2802s

 

 

 

【⑥個室で気兼ねなく】 夜行列車の個室で、自分専用の窓から移りゆく景色を眺めながら一夜を過ごすのは、最高の旅のぜいたく。世の中にはもっと豪華な列車もあるようだが、B個室でも十分その魅力は味わえる。
20030501_dscf1486s

 

 

 

【⑦飛び恥もバス恥もなく】 夜行列車なら、最近欧州で言われているらしい“飛び恥”をかくこともなく、ひと列車に多くの人が乗れるのでドライバー不足気味の夜行バスも助かるはず。新幹線がエネルギー効率をアピールしているが、夜行列車にもアピールできることがある。
20050104_img_8326s

 

 

 

【⑧空路がだめなら陸路で】 千歳発の羽田便が全滅になったときにも、北斗星が動いていた時もあった。新幹線も万能ではなく、地震で被災後に在来線が役立ったこともあった。全ては代えられないにしても、選択肢があることはときに役立つ。
20060501_img_0072s

 

 

 

 

 

△紀行日 乗車列車 カメラ
 ①2009/7/19 [新宿高速バスターミナルにて] Canon PowerShot SX10 IS
 ②2005/1/3~1/4 あさかぜ[下関→東京] Canon PowerShot S1 IS
 ③2008/1/5~1/6 あかつき[長崎→京都] Canon PowerShot S3 IS
 ④2002/10/11~12 ムーンライトえちご[大宮→村上] FUJIFILM FinePix4500 
 ⑤2008/5/1~5/2 きたぐに[新潟→大阪] Canon PowerShot S3 IS
 ⑥2003/4/30~5/1 なは[新大阪→西鹿児島] FUJIFILM FinePix4500
 ⑦2005/1/3~1/4 あさかぜ[下関→東京] Canon PowerShot S1 IS
 ⑧2006/4/30~5/1 銀河[東京→大阪] Canon PowerShot S3 IS

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

※『復活してほしい夜行列車』シリーズ
 (1)夜行列車 旅が味わえる魅力
 (2)夜行列車 週末に遠出できる魅力
 (3)夜行列車 早朝から動ける魅力
 (4)夜行列車 気軽に使える魅力
 (5)夜行列車 安心して寝られる魅力
 (6)夜行列車 旅の機会が増える魅力
 (7)夜行列車 利用者からみた欠点
 (8)夜行列車 鉄道会社の事情
 (9)夜行列車 これからの夢
(10)夜行列車 個人的な興味 [1] [2] [3]

(11)思い出の ムーンライトながら
(12)思い出の ムーンライトえちご
(13)思い出の ムーンライト信州
(14)思い出の 夜行急行はまなす
(15)思い出の 夜行特急まりも
(16)思い出の 夜行特急オホーツク
(17)思い出の 夜行特急利尻
(18)思い出の 寝台特急北斗星
(19)思い出の 寝台特急はくつる
(20)思い出の 寝台特急あけぼの

 

 

« 復活してほしい夜行列車 (4)気軽に使える魅力 | トップページ | 復活してほしい夜行列車 (6)旅の機会が増える魅力 »

60_夜行紀行」カテゴリの記事

コメント

レールを外れない限り安全な鉄道はバスよりも安心感があります。
個室寝台もプライバシーが守られ、安心して寝ることができると思います。

ムーンライトえちごのフルリクライニングシートはよかったですね。

小学生の頃一時期地方に住んでいて、夏休みになると近所の公園でラジオ体操があり、
それが終わるころに、丁度沿線の東海道線の高架を、富士が通過するのを見ていました。
その前後に、新快速色と湘南色の混結の電車が通過していきました。

当時、模型屋さんのガラスケースの中に、関水のEF65が4500円で売られていて高値の
花でした。TOMIXのブルートレインは少し安かったと覚えています。

サイトを拝見すると、そんな思いでが浮かんで来ました。
夜行列車は不思議な乗り物です。色々な事を感じてしまいます。

★ MIRUMIRU 様
夜行バスで不便だったのは、ネット予約になる前は窓口営業時間が限られ直前予約がしずらかったことです。バス会社ごとに予約先も違うし。旅先でその日にその夜の予約をするという、行き当たりばったりの旅を直せばいいんでしょうけど。。

★ 汽車空間 様
転校経験はないのですが、振り返ってみていい思い出が残るのだったら…、うらやましい気はしますね。また、私鉄沿線で育ったので国鉄沿線がある意味うらやましかったこともありました。

あとうらやましい話しだと、地方へ帰省できる人たちも羨望のまなざしで見てしまうのですが、まぁいい面だけ見ているのでしょう。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 復活してほしい夜行列車 (4)気軽に使える魅力 | トップページ | 復活してほしい夜行列車 (6)旅の機会が増える魅力 »

フォト
無料ブログはココログ