« 昆布干す浜をゆく日高本線東町-日高幌別(2021年廃止) | トップページ | 修善寺で折り返す国鉄特急型電車185系踊り子号 »

2020/10/31

復活してほしい中央夜行ムーンライト信州

 いつの間にか上諏訪夜行や急行アルプス、そしてムーンライト信州といった中央東線の夜行列車は廃止されてしまいました。

 週末や限られた期間にしか旅ができない身分としては、朝から時間が活用できる夜行列車は旅に欠かせないものでした。確かに運転する方も大変でしょうが、でも夜行バスは運転されています。貨物列車も夜動いています。

 インバウンド需要などと言う前に(今は別問題がありますが…)、まずは国内の隠れた需要に気付いてほしい、旅に誘い出してほしいものです。夜行列車と18きっぷがあれば、新幹線や特急を使わなくなるのではなくて、新たに旅に出たくなるのですから。旅に出たくてうずうずしている人もいるのですから。。

※関連記事 今こそ夜行列車復活で長距離移動のグレート・リセットを 復活してほしい夜行列車の魅力 ムーンライトながら185系の深夜浜松停車 ムーンライトながらに復活してほしい理由

 

 

 

▼深夜の発車標の中に、いきなり「白馬」。この違和感を感じながら、夜行列車乗り場を目指すのが痛快だった。
20090719_img_2624s

 

 

 

▼かつての中央東線115系スカ色を連想させる案内表示色が好ましい。
20090719_img_2645s

 

 

 

▼18きっぷは『大人には、いい休暇をとる、という宿題があります』と、うまいことを言っていた。そのためにも夜行列車を…。
20090719_img_2626s

 

 

 

▼ムーンライト信州にも、新世代の特急車両が使用される時代になっていた。いよいよ23:59、白馬行が発車。
20090719_img_2636s

 

 

 

▼早朝4時台、松本に到着して運転士交代。上諏訪夜行の時代と違って、アルプスの麓白馬まで直通できるのはありがたい。
20090720_img_2648ss

 

 

 

▼思えば松本の車両群もこの10年で一変した。今後リニア中央新幹線が開通しても、中央線特急は不動だろう。
20090720_img_2671s

 

 

 

▼4:35、ムーンライト信州松本発車。このあと余裕で「佐久間レールパーク」へ乗り継げたのは、朝着く夜行列車のメリット。
20090720_img_2653s

 

 

 

▼思い立ったらすぐ、週末の長旅ができる夜行快速列車。ぜひともムーンライト信州には、復活してほしいと思う。
20090720_img_2680s
撮影地 長野県松本市深志

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot SX10 IS
△紀行日 2009/7/19~20

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

※『復活してほしい夜行列車』シリーズ
 (1)夜行列車 旅が味わえる魅力
 (2)夜行列車 週末に遠出できる魅力
 (3)夜行列車 早朝から動ける魅力
 (4)夜行列車 気軽に使える魅力
 (5)夜行列車 安心して寝られる魅力
 (6)夜行列車 旅の機会が増える魅力
 (7)夜行列車 利用者からみた欠点
 (8)夜行列車 鉄道会社の事情
 (9)夜行列車 これからの夢
(10)夜行列車 個人的な興味 [1] [2] [3]

(11)思い出の ムーンライトながら
(12)思い出の ムーンライトえちご
(13)思い出の ムーンライト信州
(14)思い出の 夜行急行はまなす
(15)思い出の 夜行特急まりも
(16)思い出の 夜行特急オホーツク
(17)思い出の 夜行特急利尻
(18)思い出の 寝台特急北斗星
(19)思い出の 寝台特急はくつる
(20)思い出の 寝台特急あけぼの

(21)思い出の 夜行急行能登
(22)思い出の 寝台特急北陸
(23)思い出の 寝台急行きたぐに
(24)思い出の 夜行急行ちくま
(25)思い出の 夜行急行アルプス
(26)思い出の 寝台急行銀河
(27)思い出の 寝台特急あさかぜ
(28)思い出の 寝台特急さくら
(29)思い出の 寝台特急はやぶさ
(30)思い出の 寝台特急出雲

 

 

 

 

 

« 昆布干す浜をゆく日高本線東町-日高幌別(2021年廃止) | トップページ | 修善寺で折り返す国鉄特急型電車185系踊り子号 »

14_甲信越」カテゴリの記事

60_夜行紀行」カテゴリの記事

コメント

汽車空間が最初に乗った夜行列車は、松本夜行で下車をして、そのまま飯田線に乗りに行ったのは良い思い出です。

この辺の地域への夜行列車も需要がありそうで、無くしてしまうのは残念ですがバスの運転手さんも高齢化が進んでいるので、いずれ鉄道への回帰があるのではないかと期待しています。

★ 汽車空間 様
私が最初に乗った中央夜行は421M上諏訪行でした。
学生だったのでやっぱり、安く・遠く旅するため、宿代も節約でき朝から活動できる夜行列車を使いました。

今の若い世代のためにも、夜行列車が長く断絶しないうちにはやく復活してほしいものです。

私が初めて乗った夜行列車は大垣夜行375Mで、寝台車で初めてだったのは急行「ちくま」の長野から大阪まででした。
「ちくま」の寝台車は当時はまだ3段寝台で、下段で横になりましたが、特に狭いとは思わなかったです。

「ムーンライト信州」は未乗で、乗っておけばよかったと思いますが、やはり復活を期待したいです。

★ MIRUMIRU 様
中央西線夜行「ちくま」もありがたかったですねぇ。一度たしか大阪までも乗りましたが、印象深かったのは「ちくま」の木曽福島キックターンです。信州ワイド周遊券で長野から宿代わりに乗りました。学生の頃は疲れ知らずで…(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昆布干す浜をゆく日高本線東町-日高幌別(2021年廃止) | トップページ | 修善寺で折り返す国鉄特急型電車185系踊り子号 »

フォト
無料ブログはココログ