« おおさか東線はウグイス色201系で全線開業 | トップページ | 東武日光線の新古河変電所あたり »

2020/03/07

今は八ッ場ダムの底、吾妻線川原湯温泉駅最終日

 八ッ場(やんば)ダムの本体工事が今月2020年3月完成予定だそうです。

 ダムに沈む前の吾妻線川原湯温泉駅へ、最終営業日の2014年9月24日に行ってきました。試験湛水中だった2019年の台風19号では早速注目を浴びていましたが、今はダムの底になってしまったのがとても信じられません。

 ちなみにこの日はぶらりと、スマートフォンだけで出かけていました。「Xperia acro HD」でどれだけ撮れるでしょう。撮っていて思ったのは、カメラよりはるかに軽いのは良いけど、ストラップを付けられたらいいかなぁと。時々落としそうになるので・・・。

※関連記事 川辺川ダムに沈む予定の五木村頭地を走る産交バス

 

 

 

▼川原湯温泉駅は、よくある国鉄の雰囲気が残る駅だった。
20140924_dsc_0078s_20200307000201
撮影地 群馬県吾妻郡長野原町川原湯

 

 

 

▼駅前の温泉街通りは、もうすでにこの通り。
20140924_dsc_0088s

 

 

 

▼駅構内の約80メートル上空に「(仮称)湖面第一号橋」がそびえ立った。
20140924_dsc_0094s

 

 

 

▼吾妻川に架かる新旧の橋。
20140924_dsc_0100s

 

 

 

▼かつての集落は一時的に草原となりつつあった。
20140924_dsc_0103s

 

 

 

▼西宮踏切前の、残り少なくなった民家。
20140924_dsc_0114s

 

 

 

▼この柿の木はあと何年実らせるだろう。
20140924_dsc_0118s

 

 

 

▼ごく当たり前だった日々は、もう二度と戻らない。お疲れさま、さらば旧川原湯温泉駅。ダム建設による鉄道線路付け替えは、今後日本で現れるだろうか。
20140924_dsc_0143s

 

 

 

 

 

△カメラ Sony Ericsson Xperia acro HD SO-03D
△レンズ 4.5 mm
△紀行日 2014/9/24(水)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

« おおさか東線はウグイス色201系で全線開業 | トップページ | 東武日光線の新古河変電所あたり »

13_関東」カテゴリの記事

コメント

この風景がダムの底に沈んでしまうなんて信じられないです。
地図の仕事をしていた者としては、地図帳から町が消えてしまうのは寂しいです。
新天地で生活している人々が、今までと変わらない日々が送れる事を信じています。

★ 汽車空間 様
同じころダム建設が中止された川辺川ダムの五木村も訪れましたが、あちらは水没しなくても人口急減に苦しんでいるとか。

果たしてどちらが幸せになるのでしょう、わかりません。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おおさか東線はウグイス色201系で全線開業 | トップページ | 東武日光線の新古河変電所あたり »

フォト
無料ブログはココログ