« 京都鉄道博物館で見られる車両標記と字体 | トップページ | 飯山線おいこっと車両からの雪見は極楽 »

2020/02/11

かっ飛びハローキティ新幹線の500系美

 2018年6月から運行されている500系「ハローキティ新幹線」を、新大阪駅で初めて見ました。

 今春東海道からは700系ですら撤退ですから、山陽区間の500系も残された期間はあとわずかになるのでしょう。

 日本の看板列車だった500系美を、現役のうちにしかと見ておきたいものです。

※関連記事 新潟駅でE4系MAXとき

 

 

 

▼新大阪駅に着いたところ、20番線にピンク色の新幹線を見かけた。これぞ空気を切り裂く新幹線の顔。
20190503_img_7349ss 
撮影地 大阪府大阪市淀川区西中島

 

 

▼これがうわさの。。意外とこの色500系に似合っている。ひょっとして原色よりも。
20190503_img_7350s

 

 

▼これこれ、500系の機能美に見とれる。日本一の俊足を誇っただけあって、第三・第四の人生もかっ飛び。
20190503_img_7339s

 

 

▼新幹線がここまで大胆だと見とれてしまう。意外と車番は元の文字形のまま。
20190503_img_7351s

 

 

▼9府県のキティが描かれているという。今度機会があったら車内も見てみたい。
20190503_img_7353s

 

 

▼駅名標は普段の顔。20番線の駅名標までキティ仕様になれば、それこそぶっ飛ぶのだが。。
20190503_img_7352s

 

 

▼いよいよ11:29、こだま741号博多行が発車。国鉄時代とそう変わらない駅施設からは浮いて見える。
20190503_img_7356ss

 

 

▼ホームにいる人皆お見送り。バイバイ、キティちゃん。気をつけてね(^^)/~~~
20190503_img_7359ss

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2019/5/3(金)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

« 京都鉄道博物館で見られる車両標記と字体 | トップページ | 飯山線おいこっと車両からの雪見は極楽 »

16_近畿」カテゴリの記事

コメント

やはりスタイルの良い列車は、どんな塗装も似合うという代表格なようなもので
ピンクの新幹線は斬新で美しいです。
こんな未来的な新幹線が引退が近いなんて信じられないです。

★ 汽車空間 様
小田急LSEのときも思いましたが、スタイルはこのままで機器・内装は一新された新車に乗りたいです。

車内が狭めで東海道が厳しければ、リニアで!?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都鉄道博物館で見られる車両標記と字体 | トップページ | 飯山線おいこっと車両からの雪見は極楽 »

フォト
無料ブログはココログ