« ふるさと銀河線陸別駅がNHK「ゆく年くる年」に登場 | トップページ | 下松市を昼間走ったイギリスへ旅立つ高速鉄道車両Class 800 »

2019/02/10

2018年をサンライズ瀬戸で目覚めたら琴平

 2017~2018年の年越しは、寝台特急サンライズで過ごしていました。

 近年は各地への定期夜行列車がムーンライトも含めて廃止され、遠出するきっかけが減ってしまいました。飛行機を予約するほどではないけれど、夜行列車があれば四島どこへでも行くのに・・・。悲痛な?望みを、誰か聞いてくれないでしょうか。。

 唯一の定期夜行列車になったサンライズに、これからはできる限り乗ろうと思います。

※関連記事 今こそ夜行列車復活で、長距離移動のグレート・リセットを 復活してほしい夜行列車の魅力 2021年初日の出は赤富士見える開成-栢山にて ドリームにちりん宮崎空港行で最後の年越し 2017年元旦は終夜運転で新宿から犬吠埼初日の出へ 江ノ電終夜運転の2021年中止は想像できなかった2016年腰越初日の出

 

 

 

▼今となっては貴重になりつつある方向幕の行き先案内、しかも大型。もっと西への夜行電車が充実すればいいのに、と思いながら2018年ではや登場20周年を迎えてしまった。
20171231_img_7350s
 

 

 

 

▼ビール片手に、車内から移ろう夜景を眺めて。なんて贅沢な時間だろう。B寝台の通路で折りたたみ椅子に座ってたたずむのも良かったが、あれはあれ。シングルでのんびりできるのは、自分にとって贅沢の極み。
20171231_img_7365s
 

 

 

 

▼首都圏を抜けるぞと感じるのが、熱海駅。国鉄時代の約束「夜行列車は残します」「直通列車は残します」は、かろうじて守られているものの、今や境界駅は日本の鉄道の壁になりつつある。近年でも山北行き・大垣行きが消えており、今度は琴平行きがなくなるとか。
20171231_img_7381s
 

 

 

 

▼いつしか眠りにつき、目覚めたら吉備路を走っていた。岡山でかなりの人を下ろし、瀬戸大橋線を走って行くと夜が明けてきた。こんな夜明けを見ながら列車に乗られるなんて、なんて素晴らしいことだろう。いい新年の夜明けを迎えた。
20180101_img_7418s
 

 

 

 

▼ほどなくして瀬戸大橋を渡っていく。いまだに、寝床から瀬戸内海を見下ろせることが信じられない。「一本列島」を実感できる、サンライズ瀬戸。新幹線が走ったりしたら、もっと信じられないだろう。
20180101_img_7442s
 

 

 

 

▼高松で大休止したのち、琴平まで乗り通した人は少なくなかった。東京駅からこんな地方(失礼)まで直通列車で来られるなんて。バスなら当たり前だが、列車では珍しくなった。日本の隅々まで巡らされた線路網は、直通が出来る役目をバスに譲りたいのだろうか。
20180101_img_7510s
 

 

 

 

▼元旦の到着駅として、ふさわしかった琴平。西への夜行電車として、他に直流電化区間の城崎行きとか白浜行きはどうだろう。またいつの日か、松山行き・下関行きも復活することを願っている。
20180101_img_7516s
 

 

 

 

▼琴平に着いたからには、まずは朝から金比羅さんに初詣でしよう。表参道はもう大賑わいだった。御本宮までの石段785段を登ると、讃岐平野が一望のもとに。琴電を見下ろせる大俯瞰ポイントで、今年の平穏を願った。これもサンライズ瀬戸のおかげ。
20180101_img_7535s
撮影地 香川県仲多度郡琴平町榎井

 

 

 

 今回の夜行で残念だったのは、伝統の“おはよう放送”が聞けなかったことです。最近は継承されていないのでしょうか。せめて新年の挨拶くらいあってもよろしいかと。。長年の心遣いの蓄積であるあのパターンを、どうか忘れないでほしいです。

 ♪チャイム♪チャイム♪ 「皆様、おはようございます。本日は1月1日月曜日、新年明けましておめでとうございます。時刻は6時を回ったところでございます。現在列車は定刻に運行しており、あと30分ほどで岡山に・・・・・」

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2017/12/31(日)~2018/1/1(月)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

« ふるさと銀河線陸別駅がNHK「ゆく年くる年」に登場 | トップページ | 下松市を昼間走ったイギリスへ旅立つ高速鉄道車両Class 800 »

17_中国」カテゴリの記事

60_夜行紀行」カテゴリの記事

コメント

来年の初詣はサンライズで琴平に行きたくなりました。
「サンライズあさかぜ」、期待したいですね。
285系の車齢が20年を越え、今後が気になります。

★ MIRUMIRU 様
285系が登場した頃の夢は、直流区間は急行銀河がサンライズ化され、交直流電車も登場して九州・北陸・東北へ行けるようになることでした。

田端にEF510の500番台が登場したときには、もしや・・・と光が差した気がしたのですが・・・甘かった。。

この列車のが登場した当時、日本中の寝台列車がサンライズになると思っていました。
最近、この列車も人気が出てきて臨時便も走っているようなので、新しい展開を期待
したいです。
会社は違いますが、サンライズエクスプレス北斗星なんてあってもいいと思います。

★ 汽車空間 様
誰もがサンライズの発展に夢を描いてしました。
しかし、夜行列車も失われた20年となってしまいました・・・。

そろそろ本気で次期サンライズの検討に入ってほしいですね。
117系改造の夜行列車検討を手始めにして。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年をサンライズ瀬戸で目覚めたら琴平:

« ふるさと銀河線陸別駅がNHK「ゆく年くる年」に登場 | トップページ | 下松市を昼間走ったイギリスへ旅立つ高速鉄道車両Class 800 »

フォト
無料ブログはココログ