13_関東

2022/12/03

間藤から足尾本山へ足尾線最奥廃線跡には腕木信号機が残る

 間藤から先、足尾線最奥の廃線跡を見てきました。(2019年訪問)

 なぜ廃線跡にも惹かれるのか・・・、10代のころ西寒川支線や南薩線を見て以来、まだ自分でもはっきりしない感じです。

 絵になる光景が見られることもありますが、やはり地域と共に過ごした路線の生涯という重みが感じられるからでしょうか。

※関連記事 通洞から間藤は紅葉シーズン終盤

 

 

 

わたらせ渓谷鐵道間藤駅の終端。貨物側線も広がっていた構内跡がもう判別できないのは寂しかった。
20191124_img_6666s

 

 

 

▼間藤から足尾本山へ、わたらせ渓谷鐵道は1998年まで鉄道事業免許を維持していたらしく、希望を残していたのか。
20191124_img_6681s

 

 

 

▼1986年貨物輸送廃止、1998年鉄道事業免許失効、その後もそのままなのが不思議。
20191124_img_6685s

 

 

 

▼今は足尾小中学校に統合された足尾本山小学校の側を通っていた。線路が残る廃線跡は、なんとも口惜しくなる。
20191124_img_6691s

 

 

 

▼整備状態もあやしい線路端の町道を歩いて行くと、トンネルの手前で鮮やかな場内信号機が見えてきた。
20191124_img_6721s

 

 

 

▼不思議なことに現役かのような、しかも進行のままの腕木信号機。復活できる日を待っているのか…。
20191124_img_6723s

 

 

 

▼トンネルを越えると終点が近い。立入禁止だが、対岸から時の流れが止まったような足尾本山駅構内が望めた。
20191124_img_6736s

 

 

 

▼もうこのワイヤーが動くことは無い、のか。お疲れさま足尾貨物線、さらば足尾本山貨物駅。
20191124_img_6738s
撮影地 栃木県日光市足尾町本山

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2019/11/23(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

 

2022/11/20

わたらせ渓谷鐵道の通洞から間藤は紅葉シーズン終盤

 わたらせ渓谷鐵道、足尾線の末端部を歩いてきました。(2019年訪問)

 足尾といえばやはり足尾銅山ですが、その産業遺跡でもある鉄道が残っているのは奇跡のようでした。

 もっと早く来ていればと思うのはいつものことですが、それでも現代の足尾を見られて良い1日になりました。

※関連記事 間藤から足尾本山へ足尾線廃線跡

 

 

 

▼通洞駅は木造駅舎が残り、窓口には乗車券箱とスタンプ箱。何より駅員さんの姿に温かみを感じた。
20191124img_6541ss

 

 

 

▼足尾市街の縁をゆく線路。いつもの法則で、撮りたい線路端であるほど、列車は来ない・・・。
20191124img_6551s

 

 

 

▼立派な「ハエたたき」ではないが、木柱が活躍中だった。よく持ちこたえている。
20191124img_6558s

 

 

 

▼次の足尾駅構内はまだ立派だった。DE10が牽引する12系客車他も、今や貴重になってきた。
20191124img_6624s

 

 

 

▼足尾駅も昔ながらの駅舎と看板があった。いつまでも現役でいてほしい。
20191124img_6602s

 

 

 

▼足尾駅の出発信号。地元の方によると、もう鮮やかさは落ちてきたらしい。
20191124img_6595s

 

 

 

▼桐生行が足尾を発車していく。終点までは、変化に富んだ約1時間半の旅。
20191124img_6587s

 

 

 

▼そして終点の間藤直前。もう車両が入ることは無いだろう、かつての側線が残る。
20191124img_6655s
撮影地 栃木県日光市足尾町下間藤

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2019/11/23(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

 

今なお残る米軍横田基地専用貨物線の踏切は6箇所

 今も米軍基地燃料輸送が続く、横田基地への専用線を見てきました。

 厚木基地、三沢基地専用線への訪問は廃線後になってしまいましたが、横田基地は現役路線のうちに行くことが出来ました。

 他では無くなった鉄道輸送が続くのはなぜなのか、やはりトレーラー輸送は危険度が異なるからでしょうか。

※関連記事 今なお残る瑞穂埠頭貨物線 今なお残る厚木基地貨物線 今なお残る三沢基地貨物線 厚木基地貨物線の制限区域内線路

 

 

 

▼青梅線、八高線、五日市線、西武拝島線が分岐する拝島駅から、もう1本線路が分岐する。駅前の横田1号踏切。
20220504_img_4480s

 

 

 

▼送電鉄塔のほぼ直下に位置し、車両は通れない横田3号踏切。短い専用線で、最もローカル感が感じられた場所。
20220504_img_4529s

 

 

 

▼横田基地側から拝島駅前を見る。1号から3号まで横田踏切が続くが、本数も少ないので問題はないのだろう。
20220504_img_4539s

 

 

 

▼横田4号踏切。まったくの住宅地をゆく。ここから横田基地方面を見ると、左側に分岐線跡が感じられ目を引いた。
20220504_img_4535s

 

 

 

▼都道7号線との交差は、踏切信号がある砂川街道踏切。交通量が多く「青信号 一時停止不要」なのは専用線らしい。
20220504_img_4585s

 

 

 

▼横田基地直前、最後の踏切、横田6号第4種踏切。沿線はほぼ建物が並び立ち、引きがとれる場所は無かった。
20220504_img_4590s

 

 

 

▼そして線路は横地基地内へと。基地内踏切は何カ所あるのか、基地内走行分の清算はどうなのか、など興味はつきない。
20220504_img_4601s

 

 

 

▼日本にある米国エリア。鉄道貨物輸送は続いてほしいと思うが、基地が活躍する時が来ないようにと祈るばかり・・・。
20220504_img_4609s
撮影地 東京都福生市熊川

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/5/4(水)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

2022/11/05

1面2線化された東武日光線板荷駅前には製材所と小商店

 東武日光線板荷駅を訪れてきました。

 大手私鉄のローカル区間には以前から惹かれるものがあり、板荷駅はようやく訪問がかないました。このエリアにしてこのような駅が存在しているとは、さすがは日光線です。

 そういえば、14系客車の「SL大樹」がこの近辺を走ったらまた魅力的ではないか、という気もしてきました。

※関連記事 東武線14系には青20号が似合う 東武線でよみがえった14系 三浦半島の南端三崎口駅へ

 

 

 

▼鹿沼市街を過ぎると日光線もローカル色が濃くなり、板荷駅への期待がふくらんできた。
20220505_img_4761s

 

 

 

▼これがうわさの幅広ホーム。1面4線の内側線路を廃した例は多くはなさそう。半自動ドアはほとんどが閉じたままだった。
20220505_img_4765s

 

 

 

▼そう高所ではないと思っていたが、早くも標高表示の登場とは日光線らしさを感じる。
20220505_img_4793s

 

 

 

▼無人駅になっていたが(11:35~12:27のみ係員構内滞在)、由緒正しい駅舎が健在なのはうれしい。
20220505_img_4883s

 

 

 

▼駅名の由来なのか、駅前には今でも製材所が。その反対側に小商店が残るのは、このエリアでは奇跡的に思えた。
20220505_img_4829s

 

 

 

▼日光線開業時からの架線鉄柱だろうか。架線柱美を感じてしまう。
20220505_img_4890s

 

 

 

▼1面4線時代の名残が見られるホーム両端。やはり6050系が活躍していた頃に訪れたかった・・・。
20220505_img_4785s

 

 

 

▼それでもまた、ゆったりと日光線を撮るために立ち寄りたいと思う。
20220505_img_4875s
撮影地 栃木県鹿沼市板荷

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/5/5(木)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

2022/10/23

地下化まであと2週間になった東横線渋谷かまぼこ屋根高架駅

 東横線渋谷駅が2013年3月に地下化される14日前、再び渋谷駅を訪れました。

 鉄道150年の今年2022年、ちょうど鉄道記念日にはNHKドキュメント72時間さよなら渋谷・カマボコ駅舎」が再放送されたようです。

 あれからもうすぐ10年。高架駅だった東急東横線渋谷駅を、私も振り返ってみたいと思います。

※関連記事 渋谷高架駅地下化まであと180日 東急桜木町切替一夜 渋谷駅前を見守ってきた東急5000系青ガエル

 

 

 

▼最終期のかまぼこ形屋根。「新・渋谷ターミナル、はじまる」と地下化の大宣伝が、期待の大きさを感じさせた。
20130302_img_1673s

 

 

 

▼いつもと変わらないような週末の東横線ターミナル駅。心なしか最期を感じとっている人もいるような…。
20130302_img_1715ss

 

 

 

▼高架ホーム上にあった、わずかなくつろぎの場。ターミナルならではの光景が眺められた。
20130302_dsc_0029ss

 

 

 

▼背後に「相互直通運転まであと14日」を示していた、東急線キャラクター「のるるん」も高架駅ではあとわずか。
20130302_img_1769s
 

 

 

▼やはり横浜寄りへ行くほど空いていたので、先細りのホームを先へ先へと。
20130302_img_1706s

 

 

 

▼地下化前に高架渋谷駅で、副都心線7000系の営業運転が見られたのは、すごい意外感があった。
20130302_img_1690s

 

 

 

▼ちょうど東横線では、新しい車両のイメージだった9000系も最期の時を迎えていた。
20130302_img_1752s

 

 

 

▼この陣容の高架駅が消滅するとは信じがたかった、地下化14日前。これからこの空に向かって、高層ビルはどこまで伸びていくのだろう。お疲れさま、さらば東横線渋谷高架駅。
20130302_img_1700s
撮影地 東京都渋谷区

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS 6D
△レンズ EF24-105mm F4L IS USM
△紀行日 2013/3/2(土)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

2022/03/19

連続立体交差化工事で変わる京急八ツ山橋梁と品川第1踏切付近

 京急線の品川から北品川へ、八ツ山橋梁付近を歩いてきました。

 2020年4月に、京急線の品川駅付近連続立体交差化工事が認可されてから、2年がたちます。

 地平化する品川駅と、高架化される北品川駅、変貌する八ツ山橋梁。これから目が離せない区間です。

※関連記事 もう咲く河津桜を見ながら三浦半島の南端三崎口駅へ

 

 

 

▼まぶしいイチョウ並木の新緑を見ながら、品川駅へ到着する快速特急。
20210418_img_4819s

 

 

 

▼八ツ山橋梁ごしにキヤノンSタワー。東京オリンピック2020からは一年経たないのに、すっかり過去のことのよう…。
20210418_img_4826s

 

 

 

▼無骨に見える八ツ山橋梁だが、緑色なので落ち着いた感じ。行き交う車両は世代交代が進む。
20210418_img_4890s

 

 

 

▼緑色の片持ち架線柱も、八ツ山橋梁と同世代か。新設では最近主流になった鋼管柱とはかなり違った雰囲気。
20210418_img_4853s

 

 

 

▼ターミナル駅そばの踏切も少なくなってきた。さらに鉄道立体交差上にある踏切も珍しい。
20210418_img_4859ss

 

 

 

▼警戒色の踏切柱に取り付けられた灰色の信号機が、異色に見える。
20210418_img_4891s

 

 

 

▼踏切で待っていると、かなりの至近距離を車両が通り過ぎるのがたまらない。ましてや紅白の塗装車は強烈。
20210418_img_4907s

 

 

 

▼京急線起点に近い品川第1踏切は、もってあと数年だろうか。踏切のある風景をもっと見ていたい。
20210418_img_4849s
撮影地 東京都港区

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2021/4/18(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/12/11

EH500形牽引の貨物列車が黒磯駅で交直地上切換

 黒磯駅の交直切換が移設されるというので、2017年に見てきました。

 かつて横川では新幹線開業で一夜にして構内が変わりましたが、ここ黒磯も機関車交換の廃止と交直切換地点の移動で、広かった構内は変貌しそうです。鉄道の高速化と輸送効率化は喜ぶべきことなのに、やはり趣味的には複雑な気持ちになります。

 黒磯駅は12月1日で開業135周年だそうですが(2021/11/26発表)、いつまでも堂々たる構内でいてほしいと思ってしまいます。。

 

 

 

▼線路端で上り貨物列車を待つ。
20170716_img_9763ss

 

 

 

▼上り貨物列車が到着。一旦パンタグラフが下ろされる。
20170716_img_9768s

 

 

 

▼交直地上切換は、こんなに手順があったとは。
20170716_img_9791s

 

 

 

▼デッキ乗車で興味津々。。
20170716_img_9787s

 

 

 

▼その昔にぎわっていた機関区が感じられるような字体。
20170716_img_9750s

 

 

 

▼運転士が交代する。架線柱にも世代交代の波が。
20170716_img_9683s

 

 

 

▼再びパンタグラフが上がった。
20170716_img_9777s

 

 

 

▼上り貨物列車が発車。直流電車、交流電車、交直流電気機関車、そろっての停車はいつまで見られるだろう。
20170716_img_9701s
撮影地 栃木県那須塩原市本町

 

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS 8000D
△レンズ EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2017/7/16(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/11/27

長生きしたりんかい線の東京オリンピック2020マスコットラッピング車両

 この夏の東京オリンピック2020は、コロナ渦にまぎれてあっけなく去ってしまった感じがします。

 前回の東京オリンピック1964は戦後史に刻まれましたが、はたしてそれを超える記憶は残るでしょうか。オリンピックは平穏な日常があってこそ成り立つことを、改めて考えさせられた夏でした。

 本当なら観客輸送で大いに役立つはずだった終電延長や夜行新幹線なども見たかったところですが、私のTOKYO2020記録は結局これだけに終わりました・・・。

 

 

 

▼大会マスコットのラッピングがされた、東京臨海高速鉄道りんかい線の車両。もっと大勢の観客を運びたかっただろう。
20210704_dsc_0323ss

 

 

 

▼思いがけず1年長生きできて、「ミライトワ」と「ソメイティ」は多くの人に覚えてもらえただろうか。
20210111_dsc_0163s

 

 

 

▼近い将来の世代交代が予想されるりんかい線70-000形にとっても、いい思い出になったに違いない。
20210111_dsc_0166s

 

 

 

▼夏も冬も、これからは少し窓開けが常態になるのか…。
20210111_dsc_0169s

 

 

 

▼今回ばかりは「HOST CITY」の意味は重かった。大役は果たせたとはいえ、メリットまで生み出せたのかどうか。
20210704_dsc_0317ss
撮影地 埼玉県さいたま市大宮区錦町

 

 

 

▼まさかカウントダウンクロックが繰り上がるとは、誰が想像したことだろう・・・。
20210820_dsc_0569s
撮影地 東京都千代田区丸の内

 

 

 

 もう、生きているうちに日本で夏期オリンピックが開催されることはない気がします。

 もっとみんなで熱く盛り上がりたかったのに、本当に惜しい夏に終わってしまいました・・・。

 

 

 

 

 

△カメラ Sony Xperia XZ2 Compact SO-05K
△レンズ 4.4 mm
△紀行日 2021/1、2021/7、2021/8

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/10/16

上総中野でいすみ鉄道から小湊鐵道へ乗り換え

 久しぶりの上総中野は変わっていない感じでした。(2012年訪問)

 大雨で2021年7月から一部不通だった小湊鐵道は、あさって10月18日から全線運転再開になるようでホッとしています。

 とりまく環境はますます厳しくなりますが、小湊鐵道いすみ鉄道も生き残っていってほしいものです。

 

 

 

▼上総中野に、新車いすみ300型が到着した。役立つのかわからないくらい小さなホーム上屋がかわいい。
20121118_mg_6589ss

 

 

 

▼いすみ鉄道の本線終端。か細い側線だけが、いすみ鉄道と小湊鐵道とをつないでいた。
20121118_mg_6586s

 

 

 

▼将来の夢なのか、いすみ鉄道と小湊鐵道とがシームレスにつながっている。
20121118_mg_6601s

 

 

 

▼上総中野の駅舎は小ぶりになっていた。駅前には商店街の名はみられるが、周辺駅から集客しているほどでもなさそう。
20121118_mg_6613s

 

 

 

▼駅前から「粟又の滝」行きの小湊鐵道バスが出発していった。
20121118_mg_6598s

 

 

 

▼小湊鐵道からはキハ200形が到着した。中線が撤去されていて構内が寂しく見える。
20121118_mg_6625ss

 

 

 

▼小湊鐵道の本線終端。オーバホランに備えるためなのか、その先の砂利だけが補強されていた。
20121118_mg_6595s

 

 

 

▼ふたつの鉄道の終点が接続する駅。どちらも途切れることのないよう願っている。
20121118_mg_6593s
撮影地 千葉県夷隅郡大多喜町堀切

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS Kiss X3
△レンズ EF-S15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2012/11/18(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/09/04

多摩川丸子橋かいわいの東急線と新幹線

 ブラタモリ「#96 田園調布 」を思い出し、丸子橋かいわいを歩いてきました。

 小田急線の多摩川橋梁は何度となく訪れているのですが、他の多摩川鉄橋もふと気になったのです。

※関連記事 すっきりした登戸駅と小田急線多摩川橋梁

 

 

 

▼多摩川台公園に上がってみると、多摩川と東急東横線・目黒線鉄橋が一望に。こんな景勝地があったとは。
20180826_img_2680s

 

 

 

▼丸子橋の下流では、意外と近くを新幹線が通り抜けてゆく。
20180826_img_2695s

 

 

 

▼近年架橋された東急線の鉄橋と架線柱は、整ったスタイルが好ましい。
20180826_img_2691s

 

 

 

▼一方昭和30年代の東海道新幹線は、実直な鉄橋そのまま。
20180826_img_2757s

 

 

 

▼対岸のほうが都内かと思ってしまうほど、ビルが林立する武蔵小杉には驚いた。
20180826_img_2754ss
撮影地 東京都大田区

 

 

 

▼いよいよ日没近く。電車はますますひっきりなしに通る。
20180826_img_2794s

 

 

 

▼あんなにつらかった暑さも、夏の終わりになるとなぜか名残惜しくなる。
20180826_img_2808s

 

 

 

▼広々とした河原にいると、何だかすっきりしてきた。
20180826_img_2792s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2018/8/26(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ