11_北海道

2022/11/05

太平洋炭鉱専用貨物線沿いを春採湖畔ダートから太平洋岸まで(2019年廃止)

 国内最後だった石炭輸送専用線の車両が消えていきます。

 廃止後も残っていた旧太平洋炭鉱・釧路コールマインの専用貨物線車両が、とうとう解体のようです(2022/11/4道新)。保存にはかなりの費用がかかるようで、残念ですがやむを得ないのでしょう。

 せめて現地で写真を撮ることが出来ただけでも、ありがたいことでした…。

※関連記事 さらば釧路の太平洋炭鉱専用貨物線

 

 

 

▼根室本線釧路駅から約3.5km。釧路市の郊外を歩いて行くと、踏切の登場には意表を突かれた。
20030812_img_1322s
撮影地 北海道釧路市春採

 

 

 

▼旅客車両がなくとも、選炭場を背後に広がる線路と春採駅構内に魅力を感じる。
20030812_img_1313s

 

 

 

▼見るからに特殊な車両、DD13ベースというD400が貨物運行していたのには興奮した。
20030812_img_1317s

 

 

 

▼春採湖畔の線路沿いはダートだったのが北海道らしく、何となく旅人には嬉しかった。
20030812_img_1331s

 

 

 

▼海跡湖らしい水面の向こうから、石炭貨物列車が近づいてくる。
20030812_img_1340s

 

 

 

▼専用線はしばし市街に入り、貨物列車がゴロゴロと踏切を通過する。
20030812_img_1363ss

 

 

 

▼専用線踏切手前のバス停「弁天ヶ浜」は、北辺のバス終点らしい雰囲気だった。
20030812_img_1376s
撮影地 北海道釧路市米町

 

 

 

▼かつて日本には、霧が煙る太平洋岸を走る専用線があった。お疲れさま釧路の専用線、さらば太平洋石炭販売輸送臨港線。
20030812_img_1393s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot A70
△紀行日 2003/8/12(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

2022/10/09

惜別キハ281系、在来線最速特急だった勇姿を私たちは忘れない

 函館から大沼公園まで、キハ281系特急北斗にちょい乗りしてきました。

 キハ281系は、残念なことにこの9月で定期運用を終えたようです。気持ちのいい130㎞/h運転を最期まで味わえれば良かったのですが、キハ281系にとって稼働期間途中のスピードダウンはさぞ無念だったことでしょう。

 在来線最速特急スーパー北斗で走ったキハ281系を、私たちはいつまでも忘れません。

 

 

 

▼函館本線に登場したキハ281系は、当時在来線の可能性を感じさせてくれた。
20211128_img_0065s
撮影地 北海道函館市若松町

 

 

 

▼函館駅に本州からの接続列車も来なってもう5年、いつの間にかホームのKIOSKも無くなっていたのは悲しい。
20211128_img_0073s

 

 

 

▼以前の特急名「スーパー」はあまり好みではなかったが、確かに今までの在来線特急を超える存在だった。
20211128_img_0085s

 

 

 

▼キハ281系が発着したホームは、寝台特急北斗星なども来ていた。機回し線はまだ維持されている。
20211128_img_0081s

 

 

 

▼最先端の振り子式特急が、そうでない車両に置き換わるとは思わなかった。在来線のピークはもう過ぎてしまったのか。
20211128_img_0084s

 

 

 

▼キハ281系の検査を担った五稜郭車両所も2023年3月で廃止だという。北海道の鉄道施設は縮小が続く。
20211128_img_0069s

 

 

 

▼新幹線の札幌開通後も鉄道で来られるだろうか。大沼公園駅をフル加速していくキハ281系。
20211128_img_0097s

 

 

 

▼今まで函館-札幌間で何度お世話になっただろう。本当にお疲れさま、ありがとうキハ281系。
20211128_img_0077s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2021/11/28(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

2022/07/23

板張りホームに板張り待合室の留萌本線真布駅(廃止見込)

 留萌本線真布駅へ、2019年に訪れてきました。

 廃止が提示されていた留萌本線ですが、やはり予想通り廃止で決着されそうです。(2022/7/16道新

 地方鉄道を維持する枠組みが改善ならないので、残念ながら路線廃止はどんどん進んでいってしまいます・・・。

※関連記事 部分存続を願う北一已のそば畑 留萌の先に残る本線跡と貨物線跡

 

 

 

▼地元同意ならそれ以上は言えないが、利用者減とはいえ結局全線廃止になろうとは、ファンとしてはやりきれない。
20190814_img_0182s

 

 

 

▼いかにも北海道の簡易駅という感じがする板張りホームは、思わず音を立てて踏みしめたくなる。
20190814_img_0190s

 

 

 

▼元は仮乗降場とはいえ、駅名標は統一スタイルになっていて、今は同格に扱われていることがわかる。
20190814_img_0195s

 

 

 

▼かすかに見える駅名は、まさか昭和31年開業以来のものではないだろうが。
20190814_img_0201s

 

 

 

▼待合室の後ろ姿。わずかながらでも地元の方々を支えてきた役割があった。
20190814_img_0204s

 

 

 

▼ここでも注意喚起されているとは、情けない気がする。お互いが十分気をつけたい。
20190814_img_0194s

 

 

 

▼地元自治体も、踏切のために、駅のために、支えていることがあった。
20190814_img_0189s

 

 

 

▼日本全国を毛細血管のように支えてきた鉄道路線と駅が、また縮小してゆく。お疲れさま、さらば留萌本線真布駅。
20190814_img_0187s
撮影地 北海道雨竜郡沼田町沼田

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2019/8/14(水)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2022/06/11

!悲!宗谷本線抜海駅がまたしても廃止の危機に

 昨年生き残ったと思った抜海駅が、またしても廃止宣告を受けました。(2022/6/10道新

 東京圏から訪れると、南稚内からの原野をゆく列車と無人の交換駅は、まさに北の最果て感が感じられる情景です。基準以下の無人駅全てが残るのはムリとしても、抜海駅は稚内空港にも近いし魅力あるところに見えます。

 昔のように一度訪れて終わりの観光地や観光のための施設を訪れるだけではなく、地域そのままの姿が見たいという人も多くなっていると思います。私なら、宗谷岬よりは抜海駅の方を何度も訪れてみたいと思っていますが、さすがに少数派でしょうか・・・。

※関連記事 !祝!存続が決まった抜海駅 抜海駅で稚内行を見送る 抜海駅も廃止になってしまうのか

 

 

 

▼大正13年(1924)開業という抜海駅が、また危機に見舞われた。
20200922_img_1635s

 

 

 

▼始めて訪問した1987年以来、変わらないような景色。
20200922_img_1650s

 

 

 

▼駅構内照明もLED化が進み、かつてのほの暗さは払しょくされていた。
20200922_img_1624s

 

 

 

▼簡易な構内横断場も開業以来のものか。
20200922_img_1612s

 

 

 

▼昔は当たり前だったのかもしれないが、「徒歩30分」かけて歩く人がどれだけいるのかといつも思う。。
20200922_img_1609s

 

 

 

▼道路も日本全国つながっているが、鉄道だとこのレールで確かに鹿児島まで行けるんだという実感がある。
20200922_img_1657s

 

 

 

▼普通の駅なら軒下だろうが、除雪用具などの置き場があって二段階ある改札扉が印象的。
20200922_img_1592s

 

 

 

▼遠隔地からは存続を祈るしかないが、そもそも鉄道と駅は地元のためだけに存在するものではないのでは・・・とも思う。
20200922_img_1587s
撮影地 北海道稚内市抜海村クトネベツ

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2020/9/22(火)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

《2022/8/12追記》
 一転して、2023年度は稚内市の負担で存続するとのこと(2022/8/11道新)。抜海駅の価値を認めてくれたのなら、うれしいことではある。

2022/05/01

窓口営業は平日14時半迄、さらば函館本線蘭越駅(廃止見込)

 函館本線蘭越駅へ、2009年に訪れてきました。

 かつての幹線「山線」が無くなるとは想像もしませんでしたが、とうとう並行在来線はバス転換されます(2022/2/3道新)。

 横軽のときには仕方がない感じもしましたが、函館本線の廃止はなかなか心の整理がつきそうにありません・・・。

※関連記事 函館本線「山線」倶知安駅構内 さらば函館本線蕨岱駅 さらば函館本線姫川駅

 

 

 

▼鉄道らしさのひとつ、駅名標。
20090811_img_3516s
撮影地 北海道磯谷郡蘭越町

 

 

 

▼にぎわっていた頃も見てみたかった。
20090811_img_3503s

 

 

 

▼そんな蘭越に列車がやって来た。
20090811_img_3491s

 

 

 

▼今日も列車を使う人たちがいる。
20090811_img_3502ss

 

 

 

▼往時を想像してしまう駅前食堂。
20090811_img_3515s

 

 

 

▼まだ駅寝する旅人がいた頃だったか。
20090811_img_3489s

 

 

 

▼硬券乗車券を買ったのは蘭越が最後になった。この頃の窓口は平日6:00~14:30という朝型。
20090811_img_3505s

 

 

 

▼立派な跨線橋が幹線らしさ。お疲れさま函館本線、さらば蘭越駅。
20090811_img_3498s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot SX10 IS
△紀行日 2009/8/11(火)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2022/02/05

さらば根室本線幾寅駅(廃止見込)と鉄道員ぽっぽやロケ地『幌舞駅』

 根室本線幾寅駅へ、2003年に訪れてきました。

 ここ数日、北海道から廃線の知らせが続いています。一部休止が続く根室本線富良野-新得(2022/1/28道新)、北海道新幹線並行在来線になる函館本線「山線」長万部-余市(2022/2/3道新)、と次々と。

 たしかにローカル線の赤字負担は重いと思いますが、一方道路だと通行量が少なくても廃道になるような話しはさほど聞かれません。鉄道インフラも同じように、北海道として本当に必要なら、単独の損益は別にしてでも残したほうがいいと思うのですが、今さら難しいでしょうか…。

※関連記事 さらば石勝線東追分駅 さらば千歳線美々駅 さらば函館本線蕨岱駅 さらば函館本線姫川駅

 

 

 

▼今となっては、ごく普通にキハ40系普通列車が発着していた日々が、ただ懐かしい。
20030814_img_1628s
撮影地 北海道空知郡南富良野町字幾寅

 

 

 

▼映画『鉄道員』(ぽっぽや)のロケ地になったためかどうか、国鉄サイズそのままの駅名標が新調?されていた。
20030814_img_1649s

 

 

 

▼昔ながらの木造駅舎が残っていたことが、『幌舞駅』ロケ地選定に幸いしたのだろう。
20030814_img_1660s

 

 

 

▼駅前には映画用セットが建てられていたが、本物の古参建物と見分けがつかないほど見事なつくり・・・。
20030814_img_1654s

 

 

 

▼こちらが、2003年現在の北海道らしい現役駅前。駅前からすくっと2車線道。
20030814_img_1656s

 

 

 

▼訪問した2003年の春まで駅窓口はあったそうで、無人化の掲示が残っていた。またしても有人駅の灯が消えていた。
20030814_img_1645s

 

 

 

▼駅舎からホームへ段差があるから、映画に「情感が表現されている」らしい。映画は未見だが、写真的にはうなずける。

20030814_img_1647s

 

 

 

▼どこから移設してきたのか、映画用の低く置かれた腕木信号機がほほえましい。お疲れさま、さらば根室本線幾寅駅。
20030814_img_1650s

 

 

 山線は今後30年間の赤字が864億円(1年あたり平均29億円)などと示され比較されていましたが、普段意識しない30年という大きな赤字額を見せられたら誰でも拒否反応を示すでしょう。ちなみに2021年度の北海道の道路予算は2727億円だったそうですが、30年間だとどれくらいになるのか。数字の示し方に何となく意図的なものを感じてしまったのは私だけでしょうか…。

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot A70
△紀行日 2003/8/14(木)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/12/25

さらば函館本線姫川駅、森の中のカーブする交換駅(2017年廃止)

 函館本線姫川駅へ、2016年に訪れてきました。

 2017年に4駅が廃止になった函館本線ですが、さらに来年2022年ダイヤ改正では5駅も廃止になるようです(2021/12/17発表)。

 もはや函館本線は、新幹線開業後の貨物専用鉄道?のスタイルを、先取りするのでしょうか…。

※関連記事 さらば根室本線幾寅駅 さらば石勝線東追分駅 さらば千歳線美々駅 函館本線「山線」倶知安駅構内 さらば函館本線蕨岱駅

 

 

 

▼森の中にあった姫川駅。
20160816_img_5726s

 

 

 

▼しばらく進むと、立派な木の看板が迎えてくれた。
20160816_img_5757s

 

 

 

▼静けさの中警報音が鳴り、上り特急北斗が顔を出した。これだけ急カーブする交換駅も珍しい。
20160816_img_5734s

 

 

 

▼1両分のホーム長をはるかに超える長編成が通り抜ける。
20160816_img_5736s

 

 

 

▼函館本線では珍しいほうの、線路を見下ろすポジションに待合室。
20160816_img_5755s

 

 

 

▼入り込む人がよほど多いのか、注意喚起ポスターには興ざめ。
20160816_img_5756s

 

 

 

▼いい雰囲気の駅だが、残念ながら反対方向にある駒ヶ岳は見通せない。
20160816_img_5745s

 

 

 

▼駅前には何もなく、いわゆる秘境駅の趣。お疲れさま、さらば函館本線姫川駅。
20160816_img_5758s
撮影地 北海道茅部郡森町姫川

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS 8000D
△レンズ EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
△紀行日 2016/8/16(火)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/11/27

シルバーフェリー新航路、室蘭→宮古の「シルバークィーン」から室蘭夜景

 期待の新航路で、2018年にシルバーフェリーで室蘭から宮古へ向かいました。

 結局、宮古寄港は1年半で休止になってしまいましたが、その後宮古盛岡横断道路が2021年3月に全通し、三陸沿岸道路も来月12月18日に全通するそうです。トラックが行きやすくなるので、再開するチャンスになるところでした。

 ところが、宮古休止後も残っていた八戸-室蘭航路は、「シルバークィーン」の老朽化や原油価格高騰により、年末からの休止が発表されたのです(2021/11/1発表)。フェリー航路復活維持を目指す宮古港室蘭港にとっては、残念な状況になりそうです・・・。

※関連記事 室蘭港のナッチャンRera

 

 

 

▼久しぶりに室蘭港で旅客船が見られることを喜んだ。東日本フェリー建造の「ナッチャン」以来か。
20180727_img_2103ss
撮影地 北海道室蘭市入江町


 

 

 

▼室蘭港フェリー埠頭は室蘭駅からも近く、徒歩客にとっては便利な港だった。
20180727_img_2230s

 

 

 

▼初登場の「宮古行」表示に感動。かつての大洗航路のように、消えてしまわないよう願っていたのだが…。
20180727_img_2188s

 

 

 

▼20時、シルバークィーン室蘭出港。今日は「第72回むろらん港まつり」花火大会があり、岸壁は市民で大にぎわい。
20180727_img_2242s

 

 

 

 

▼離れる港夜景を見ながら乾杯する人たち。船旅のクライマックスを必ずデッキで過ごすのは、自分だけではないはず。
20180727_img_2303ss

 

 

 

▼室蘭港の夜景といえば、コンビナート。工場夜景が流行る前から、見とれる人は多かったと思う。
20180727_img_2330s

 

 

 

▼船から見上げる白鳥大橋は、朝もいいけど夜もいい。苫小牧も小樽もかなわない、室蘭発着フェリーのたまらない瞬間。
20180727_img_2315s

 

 

 

▼街灯りも遠くなり、室蘭が離れていく。三陸への夜行航路の旅が始まった。また室蘭へ、いつの日か船で行ってみたい。
20180727_img_2355s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2018/7/27(金)

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ 

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 航路紀行

2021/10/02

北海道新幹線はまだ夢だった函館本線「山線」倶知安駅構内(廃止見込)

 倶知安駅のホームが、10月31日から西側に移るそうです(2021/9/17日発表)。

 主要駅らしかったホームと構内が消えてゆくのは残念で、まさか仮設?になったまま函館本線「山線」は消えてしまうのでしょうか…。それでも鉄道の未来のために、北海道新幹線倶知安駅開業は楽しみに待ちたいと思います。

 まだ新幹線は夢かと思っていた2009年、山線主要駅の情景がありました。

※関連記事 さらば函館本線蕨岱駅

 

 

 

▼倶知安といえば、やはり湧水で喉をうるおした。駅前でもうまい。
20090811_img_3419s

 

 

 

▼本線では当たり前の島式ホーム、当たり前の跨線橋、当たり前のキハ40、何もかもが過去の姿になる。
20090811_img_3375s

 

 

 

▼まだ北海道新幹線が来るのは夢だった頃。「乗りたい」ではなくて「走りたい!!」に地元の想いを感じた。
20090811_img_3380s

 

 

 

▼今度の新ホームが出来たあたり、駅裏の側線は引き剥がされていた。もはや蒸機でにぎわっていた頃の想像はできない。
20090811_img_3402s

 

 

 

▼どれだけの車両が休んだことだろう。C62ニセコ号が来ていたのも、今となっては奇跡に思える。
20090811_img_3388s

 

 

 

▼新幹線線路の耐雪試験が行われていて、夢は近づきつつあった。まさか21世紀になって、本当に三線軌条が延びるとは。
20090811_img_3397s

 

 

 

▼いつも羊蹄山を見上げていたターンテーブル。山の頂きは変わらないが、麓の列車は変わりゆく。
20090811_img_3393s

 

 

 

▼ターンテーブルのその先は緑地。昔の扇形庫を知る人が見たらどんな感慨を覚えるのだろう。
20090811_img_3410s
撮影地 北海道虻田郡倶知安町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot SX10 IS
△紀行日 2009/8/11(火)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

《2022/2/10追記》 その後函館本線「山線」長万部-余市は、廃止が方向づけられた。(2月3日道新

2021/09/18

さらば宗谷本線歌内駅、最終稚内行発車(2022年廃止)

 とうとう、宗谷本線歌内駅も廃止方向だそうです(2021/8/28道新)。

 生活や産業とともに延びた鉄道ですが、人びとの生活がなくなるにつれ縮んでいくようです。

 秋も夕暮れ、歌内駅で最終稚内行4331Dの発車を見送ってきました。

※関連記事 !悲!抜海駅が廃止の危機に !祝!存続が決まった抜海駅 宗谷本線勇知駅 宗谷本線兜沼駅

 

 

 

▼人気のない歌内駅に、列車の到着が近づいた。
20200921_img_1206s
撮影地 北海道中川郡中川町歌内

 

 

 

▼乗り降りなし。
20200921_img_1213s

 

 

 

▼本線とはいえ、1日上下各3本の限界本数。
20200921_img_1223s

 

 

 

▼稚内行4331D、歌内発車。
20200921_img_1215s

 

 

 

▼駅前には民家も見られなくなっていた。
20200921_img_1225s

 

 

 

▼下り最終列車が去ってゆく。お疲れさま、さらば宗谷本線歌内駅。
20200921_img_1221s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2020/9/21(月)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ