01_小田急線

2022/10/09

構内横断場跡が残る足柄駅は小田急小田原線終端側の大事な拠点

 今世紀になって初めて小田急線足柄駅を訪れてきました。

 足柄駅といえば、車両留置線がある駅、専売公社引込線が分岐した駅、構内横断場が最後まで残った駅、利用者が少ない駅、など特徴が多く興味深い駅です。

 もう少し小田原市役所が近ければにぎやかになるのにとも思いますが、開業以来のポジションは変わらないようです。

※関連記事 足柄の久野川橋梁架替で小田急本線が久々に仮線へ切換 (予定)専売公社専用線跡はあじさい咲く緑道に

 

 

 

▼新松田から箱根外輪山を見ながら走ってきた小田急小田原線。終着駅の手前で足柄駅を迎える。
20220619_img_6270s
撮影地 神奈川県小田原市扇町

 

 

 

▼駅横に留置線を7線ほど持つ。以前から10両編成も入る容量は、小田原方の車両運用に貢献しているのだろう。
20220619_img_6297s

 

 

 

▼国鉄ホームのような坂道ではない、小田急線の構内横断場スタイル。利用者からすれば、こちらの方が助かる気もするが。。
20220619_img_6276s

 

 

 

▼4000形も登場していた、新たな注意喚起イラストに目をひかれる。
20220619_img_6292s

 

 

 

▼最近は除草剤なども控え気味なのか、スギナの背丈が留置線レールを超える勢い。
20220619_img_6305s

 

 

 

▼足柄駅前にはとくに駅前広場もなく、駅は留置線のついでのようにも見えた…。
20220619_img_6474s

 

 

 

▼小田原を出た小田原線上り列車は、足柄の先で初めて小さな切り通しを越える。
20220619_img_6425s

 

 

 

▼足柄といえばここに来てみたかった。30年ぶりに狩川橋梁を望み、時の流れをしばし感じた。
20220619_img_6444s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/6/19(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

2022/07/23

足柄山王川の久野川橋梁架替で小田急本線が久々に仮線へ切換

 足柄駅の先で、小田急小田原線の本線が仮線化していたので見てきました。

 小田急線の線路は、複々線化工事完了後は安定していただけに、久々の本線付け替えに注目してしまいます。

 足柄駅といえば、かつての貨物専用線や最後まで残った構内踏切などを思い出しますが、久々の下車となりました。

※関連記事 構内横断場跡が残る足柄駅 (予定)専売公社専用線跡はあじさい咲く緑道に

 

 

 

▼思いがけず、足柄1号踏切の先で下り本線が海側に反れていた。足柄から出庫するMSEは、下り本線にどう出るのか・・・。
20220619_img_6284s

 

 

 

▼足柄2号踏切へ行ってみると、水害に悩まされる山王川を拡幅するために、「久野川橋梁」を架替するらしかった。
20220619_img_6311ss

 

 

 

▼小田原寄りを見ると、久野川橋梁の両側に仮線を設ける段階。現在は3線使用で、先のMSEは直進して下り本線に出ていった。
20220619_img_6319s

 

 

 

▼神奈川県の整備計画に基づき、この規模でも工事に5年を要するらしい。小田急線にとって橋梁架替は、狩川以来だろうか。
20220619_img_6335s

 

 

 

▼足柄の留置線は10番線が撤去され、上り仮線を敷設中だった。留置線があって工事用地には助かるが、配線変更も大変そう。
20220619_img_6314s

 

 

 

▼線路変更工事は人力での大変な作業が続いているのだろう。レール締結にはボルト式が使用されていた。
20220619_img_6315s

 

 

 

▼足柄2号踏切から足柄駅構内を見る。小田原線終端側で車両収容を担ってきた、重要な役割を改めて感じた。
20220619_img_6333s

 

 

 

▼踏切は今後も残るようだが、どうか無事故で橋梁架替と河川改修を終えて、水害なども無くなりますように…。
20220619_img_6348s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/6/19(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2022/06/25

小田急シモキタ地上線は下北線路街へ(2) 下北沢~世田谷代田

 小田急シモキタ地上線跡に出来た「下北線路街」を見てきました。

 1988年複々線化工事着工から実に34年、とうとう終盤となる下北沢地区がまちびらきです。「きしむ大動脈」だった小田急線にとってはまさに社運をかけたプロジェクトだっただけに、その駅と街づくりの仕上げの良さには見とれてしまいます。

 学生時代から見てきたファンとしても、小田急線複々線化は人生の過半を費やす一大記録テーマになりました。複々線化が終わり、これからの撮影目標には迷いそうですが、いやいやまだ多摩線延伸?、藤沢駅改良?、と興味は尽きなさそうです。

※関連記事 下北線路街(1) 東北沢~下北沢 泣いても笑ってもシモキタ地上線あと5日 今年も春が咲いてきた世田谷代田駅近く 地下化工事たけなわだった世田谷代田

 

 

 

▼みんながくつろげるようになった線路跡。「シモキタエキウエ」の2階テラス延長部分。
20220529_img_5378ss
撮影地 東京都世田谷区北沢

 

 

 

▼かと思えば、植栽エリアになった線路跡もある。昭和2年開業以来の小田急線線路敷きが、こんな姿になるとは。
20220529_img_5396ss

 

 

 

▼下北沢2号踏切跡。線路が消えて、たしかに街の分断は解消されたのかもしれない。
20220529_img_5393ss

 

 

 

▼辺りの住宅も世代交代が進んでいたが、「鎌倉通り」標識だけはかつての線路端を残していた。
20220529_img_5406s

 

 

 

▼この付近は遊歩道化工事の最終段階だった。カーブした道路を歩いて行くと、やはり下北沢3号踏切を思い出す。
20220529_img_5414ss

 

 

 

▼世田谷代田駅の線路跡に開業していた宿「由縁別邸 代田」。気分は箱根にでも来たかのよう。
20220529_img_5445ss

 

 

 

▼まるで美術館の入口かのような、世田谷代田駅東口。さすがは「日本一暮らしやすい沿線」を目指す小田急線。
20220529_img_5461s

 

 

 

▼複々線化と地下化により小田急線沿線は激変したが、富士山だけは変わらない。本当におめでとう、小田急線複々線化完成。
20220529_img_5481s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/5/29(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2022/06/11

小田急シモキタ地上線は下北線路街へ(1) 東北沢~下北沢

 下北線路街のまちびらき「下北線路祭」を見てきました。

 シモキタ地上線の地下化からはや9年、小田急線は地下にもぐり、線路跡は遊歩道になり、下北沢の街は雰囲気が変わったようです。

 遊歩道を歩いていると、下北沢にとって小田急線は地下化されて正解だったのかもしれないと思いました。鉄道ファンとしては高架化を推していたので、少しくやしいけれど。。

※関連記事 下北線路街(2) 下北沢~世田谷代田 泣いても笑ってもシモキタ地上線あと5日 今年も春が咲いてきた世田谷代田駅近く 地下化工事たけなわだった世田谷代田

 

 

 

▼東北沢駅の新宿寄りからは、新ルートを降りていく羽田への旅客機が頻繁に見えて、新鮮だった。小田急線では、新宿駅と代々木八幡駅付近の上空が飛行ルートらしく、たしかに2列で飛んでいくこともあった。
20220529_img_5233s
撮影地 東京都渋谷区上原

 

 

 

▼地上線だった頃も、線路端にこんな黄色い花が咲いていた気もするが、違う種だろう。
20220529_img_5260s

 

 

 

▼「踏切注意!」は「遊歩道あり!」へ。もう汽車マーク標識はどこにも無い。
20220529_img_5275ss

 

 

 

▼遊歩道にかろうじて残ったレール。これを見て、何人の人が地上線を思い出してくれるだろう。
20220529_img_5268s

 

 

 

▼ひっきりなしに東北沢6号踏切の警報音と電車の音が聞こえていた、オオゼキ下北沢店前。
20220529_img_5337ss

 

 

 

▼「小田急線跡地」というと廃線のようにも見えるので、他の表現の方がいいような・・・。
20220529_img_5326s

 

 

 

▼かつての線路敷きを多くの人が行き交うのを見て、まさに感無量。このまま「空き地」には残ってほしい気もする。
20220529_img_5345ss

 

 

 

▼現代の小田急線下北沢駅。混雑は以前と変わらないが、狭かったあの橋上駅舎の面影はまったく無かった。
20220529_img_5352s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/5/29(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2022/01/22

営業開始2日目の小田急ロマンスカーVSEを新宿駅で初目撃

 美しいものは薄命なのでしょうか。

 VSE 50000形が近く引退することを聞いて(2021/12/17発表)、そう思ってしまいました。

 まさかまさか、EXEより遅く登場したのに早く退くことになろうとは・・・。

※関連記事 優美な小田急ロマンスカーたちとミュージアムで再会 小田急鉄道展2018で見たLSE7000形最後の晴れ姿 さらばぼくらのLSE7000形 21世紀の海老名車両基地を走ったSE3000形

 

 

 

▼VSEで一番好きな角度。この窓ガラスラインは、歴代ロマンスカーピカイチの格好良さだと思う。
20050320_img_9868ss

 

 

 

▼内装にも目を見張った。高いドーム型天井は、LSE以前の世代にはなかった思想。
20050320_img_9838s

 

 

 

▼連接車体にプラグドアとは、これもまた今までの常識を越えた。
20050320_img_9858s

 

 

 

▼ドア窓と合わせたのだろうか、愛称表示すら未知の縦型スタイル。
20050320_img_9836s

 

 

 

▼そして前面はまた斬新な緩く寝た角度のカーブガラス。この視点のVSEも好きだった。
20050320_img_9874s

 

 

 

▼こんなところにまで細かい心配り。運転席横の細い窓ガラスも、無くてもよさそうだがおそらくデザインには欠かせない。
20050320_img_9897s

 

 

 

▼デザインされたロマンスカーVSE。ただ唯一、ライト周りの鋭角な処理ラインだけはなじめなかった・・・。
20050320_img_9886ss

 

 

 

▼1991年RSE登場以来のロマンスカーらしい特急車両となり、期待は高かったことを思い出す。お疲れさま、VSE50000形。
20050320_img_9883ss
撮影地 東京都新宿区新宿3丁目

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot S1 IS
△紀行日 2005/3/20(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/12/25

経堂ジョイフル閉店の頃の小田急経堂検車区跡地

 閉店前の経堂ジョイフルへ最後に行った日、小田急経堂検車区の跡地も巡ってきました。(2008年訪問)

 検車区は不動のイメージがあり、移転は想像できませんでした。経堂の地平から電車が消え、移転先の喜多見では公園に覆われました。騒音対策とはいえ、街を支える電車が見えづらくなるのは、少し寂しい気もします…。

 

 関係ないことですが、2011年10月ココログに開設した拙ブログ『線路端紀行あとがき』は、最初の独自記事が「さらば経堂ジョイフル」でした。いつの間にかの10周年には大変感謝するところで、記念に続編としてこの記事を書こうと思います。

※関連記事 さらば経堂ジョイフル 続・さらば経堂ジョイフル ようこそ経堂コルティ

 

 

 

▼とうとう経堂ジョイフルが閉店になるというので、最後に訪れた。
20080323_img_1882s

 

 

 

▼当たり前だったものも、いつかは無くなる。改めてそう思わせた経堂ジョイフルと経堂アパート。
20080323_img_1905s

 

 

 

▼整備中だった駅前広場では、もうジョイフルが捨てられていた…。
20080323_img_1904s

 

 

 

▼豪徳寺寄りを見ると、経堂検車区跡地の再整備が始まっているようだった。
20080323_img_1917s

 

 

 

▼小田急厚生会館だった建物は、診療所と労働会館が入っていたが、いつまで残ることやら。
20080323_img_1920s

 

 

 

▼海側の小田急社宅跡地。検車区もなくなり、経堂に残す必要性は減ったのかも。
20080323_img_1930s

 

 

 

 

▼通常人は入らないだろう経堂変電所にも、メロディマーク付き呼び鈴が。
20080323_img_1941s

 

 

 

▼経堂検車区跡地に出来た由緒ある高架留置線で、ステンレス車が休む。
20080323_img_1949s

 

 

 

▼かつてSE車などが休んでいた建屋の奥付近。まさに、つわものどもが夢の跡。
20080323_img_1954s

 

 

 

▼小田急箱根高速バスの車庫は以前経堂-千歳船橋間で見かけたが、いつ移ったのだろう。
20080323_img_1957s

 

 

 

▼1994年の小田急経堂検車区廃止後、何になっていたのか記憶が定かではない。
20080323_img_1963s

 

 

 

▼再び経堂駅前に戻ってきた。それにしても、小田急経堂アパートとジョイフルは街のランドマークだった。ありがとう、経堂ジョイフル。さらば、経堂ジョイフル。
20080323_img_1969ss
撮影地 東京都世田谷区宮坂3丁目

 

 

 

 

 

△カメラ Canon PowerShot S3
△紀行日 2008/3/23(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/10/16

優美な小田急ロマンスカーたちとミュージアムで再会

 ようやく平常期に戻ったので、小田急ロマンスカーミュージアムを訪れてきました。

 開業ブームは過ぎたようで、SE・NSE・LSE・HiSE・RSEまでの優美だったロマンスカーとゆっくり出会え、充実のひとときを過ごすことができました。

 もう歴史の一コマになったことが信じられないのですが、元祖ロマンスカーたちには永遠に輝いていてほしいと思わざるをえません。

※関連記事 営業開始2日目の小田急ロマンスカーVSEを新宿駅で初目撃 小田急鉄道展2018で見たLSE7000形最後の晴れ姿 さらばぼくらのLSE7000形 21世紀の海老名車両基地を走ったSE3000形

 

 

 

▼おかえりなさい、小田急ロマンスカー。スポットライトに照らされて、みんな美しく輝いて新車のようだった。
20211003_img_9243s

 

 

 

▼おかえりなさい、LSE7000形ロマンスカー。シャープになった、大好きなぼくらの世代のロマンスカー。
20211003_img_9259s

 

 

 

▼おかえりなさい、NSE3100形ロマンスカー。昭和30年代の優美な姿、小田急ロマンスカーといえばNSE。
20211003_img_9249s

 

 

 

▼おかえりなさい、SSE3000形ロマンスカー。この車両の沼津行き「あさぎり」を見てみたかった気がする。
20211003_img_9175s

 

 

 

▼おかえりなさい、HiSE10000形ロマンスカー。現代風な塗色になりハイデッカーが格好よかった新世代ロマンスカー。
20211003_img_9132s

 

 

 

▼おかえりなさい、RSE20000形ロマンスカー。全てが新しくなったパステルカラーRSEが好きだった。
20211003_img_9105s

 

 

 

▼おかえりなさい、SE3000形ロマンスカー。登場した昭和32年には、かなり斬新に感じられたに違いない。
20211003_img_9238s

 

 

 

▼ここまで立派な展示施設が設けられたことに本当に感謝したい。つぎの夢は、アイボリー色通勤車や371系との競演・・・。
20211003_img_9241ss
撮影地 神奈川県海老名市めぐみ町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2021/10/3(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/02/20

多摩産材がふんだんに使われた新装参宮橋駅

 小田急線参宮橋駅が、11月25日にリニューアルされたというので見てきました(11月19日発表)。

 明治神宮下車駅ですので、今迄も朱塗りの構内や臨時改札口が特徴的でしたが、今度の新装はまた目新しいものでした。

 以前終夜運転見物で年越し風景を撮ったことがあったのですが、また新たな情景が見られそうで今後が楽しみです。

※関連記事 片瀬江ノ島駅ナカのクラゲ水族館

 

 

 

▼改札口からしてなかなか新鮮に仕上がっている。駅の不燃化基準はクリアしているのだろう。
20201129_img_2078ss
撮影地 東京都渋谷区代々木

 

 

 

▼各所に見える木材は、多摩産材だという。木製に白文字の駅名標は、小田急線では初登場か。
20201129_img_2073s

 

 

 

▼高架複々線にはならなかった区間も、着々とリニューアルが進んでいるようだ。
20201129_img_2045ss

 

 

 

▼木目の色合いを生かした照明効果に、電照式駅名標が良くマッチしている。やはり電照式でないと。
20201129_img_2030ss

 

 

 

▼今は新鮮な木材の輝きが、将来どう落ち着くのかまた楽しみ。
20201129_img_2069ss

 

 

 

▼ホームの時計にも、わざわざシンプルなものが設置されている。
20201129_img_2033s

 

 

 

▼もはや正月用の臨時ラッチは設けられなかったが、改札口横の桜(?)が残された配慮がうれしい。
20201129_img_2080s

 

 

 

▼また参宮橋駅の新たな日々がめくられていく。明治神宮への初詣は、混雑が少なめな参宮橋からどうぞ。
20201129_img_2053s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2020/11/29(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

2021/01/09

2021年初日の出は赤富士見える開成-栢山から

 2021年の初日の出は、久々に小田急線開成-栢山間で迎えました。

 さすがに遠出もはばかられるので、誰もいない足柄平野でのご来光でしたが、落ち着いた元旦となりました。

 今年は良い一年となりますように。。

※関連記事 江ノ電終夜運転の2021年中止は想像できなかった2016年腰越初日の出 2017年元旦は終夜運転で新宿から犬吠埼初日の出へ 2018年をサンライズ瀬戸で目覚めたら琴平

 

 

 

▼2021年元旦の終夜運転が、前代未聞の中止になるとは。今年は朝家で起きて初日の出を見に行った。
20210101_img_3399s

 

 

 

▼開成の保守基地が新年の夜明けを待っていた。
20210101_img_3424s

 

 

 

▼元旦の足柄平野を、2021年も変わらずに小田急線が走る。
20210101_img_3432s

 

 

 

▼開業時以来の架線柱が小田急線を支える。
20210101_img_3428s

 

 

 

▼日の出時刻が近づき、まず富士山が赤く染まった。
20210101_img_3450s

 

 

 

▼小田急線屈指の高速運転区間、さすが線路は良好に保たれている。
20210101_img_3453s

 

 

 

▼いよいよ2021年の初日の出を迎え、ありがたく拝んだ。
20210101_img_3454s
撮影地 神奈川県小田原市曽比

 

 

 

▼いつも堂々たる明神ヶ岳をバックに。良い一年を願って、近くの曽比稲荷神社へ初詣に訪れた。
20210101_img_3479s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2021/1/1(金)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

繰り上げされる最終急行海老名行に乗って、おやすみなさい海老名駅

 小田急線新宿0時20分発の、海老名までの最終電車になる急行に乗ってきました。

 かつて最終急行だった新宿23時35分発小田原行には数えきれず乗りましたが、終電が延長になってからはあまり乗る機会がなかったのです。2021年春のダイヤ改正で終電が繰り上がるというので、改めて海老名行の終電に乗ってきました。

 今度の終電繰り上げは、近年延長された終電はかなり遅いなぁと思っていたので、やむを得ない感じはします。ただし例えば、小田原行の新宿発は以前の23時35分発からさらに23時22分まで繰り上がるなど、長年定着していた利用者の生活時間が狭まる部分もあります。広範囲に影響する鉄道の営業時間には十分気を配ってほしい気がしますね。

 

 

 

▼零時過ぎの電車がこんなに充実していた希有な時代があった、と今後語り継がれることになるのだろうか。新宿発の終電は、車庫が移転してからも経堂の行き先が見えるのはうれしい。
20210103_img_3891s

 

 

 

▼0時20分、新宿発車。さすがに年始2日夜でこの状況下とあって着席率は2~3割だった。23時35分発の頃はいつも混んでいるイメージがあった最終急行だが、それもそのはず小田原迄と片瀬江ノ島(接続)迄の最終電車を兼ねていたからだろう。その後終電狙いの乗客は、行き先別に分散したに違いない。
20210103_img_3883ss

 

 

 

▼途中新百合ヶ丘では1番線に入り、2番線の唐木田行へ接続を取るのが目新しかった。町田でも1番線に入り、2番線には上り町田止まりが入ってきた。大野で「海老名まで先にまいります」と車内放送されていたが、先も何も最終なのに。。1時9分座間発車の頃には、もうガラガラ。
20210103_img_3898s

 

 

 

▼急行海老名行といっても新百合ヶ丘から全車各停海老名行なので、半ば準急に乗っている気分だ。1時13分、終点海老名へ。
20210103_img_3900s

 

 

 

▼海老名でも1番線に入った。さっそく駅員氏が見回りに乗り込み、乗客を起こしゴミを回収していた。電車は「回送」表示にはならない。というのはここで夜間滞泊するからだろう。
20210103_img_3907s

 

 

 

▼発車標は「運転終了」の文字もなかった。最後の乗客が出ていくまで駅員氏が見守っている。
20210103_img_3917s

 

 

 

▼おやすみなさい、小田急線海老名駅。最後まで清掃お疲れさま。1時25分頃シャッターが降りた。駅が閉まるのを見るのは、東急桜木町以来かも。今度3月の改正から最終海老名行は20分早まり新宿0時発になるそうだが、駅も少しは休める時間が長くなるだろうか。
20210103_img_3951ss

 

 

 

▼そして1時30分、ホームや駅コンコースの電気が一斉に落とされた。輝くのは海老名電車基地の照明のみ・・・。
20210103_img_3966s
撮影地 神奈川県海老名市上郷

 

 

 

 

 

《2021/1/16追記》 緊急事態宣言に伴い、新宿0時38分発以降の3本は1月20日から運転取りやめとなるらしい。元々利用が少なくなっている電車を減らすところでどれだけの効果があるのか、行政の要請内容はズレているような気がする…。

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2021/1/3(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Instagram 線路端へ行こう!
▽Webサイト 線路端紀行

フォト
無料ブログはココログ