01_小田急線

2023/12/16

さらば白い小田急ロマンスカーVSE 50000形、鉄道展2015での晴れ姿

 小田急鉄道展2015で、ロマンスカーVSE 50000形を間近に見てきました。

 とうとう今月2023年12月で運行を終えたVSEですが、意外と短期間の活躍で終わってしまったのが未だに信じられません。

 連接車体、展望席、これから小田急ロマンスカーはどうなるのか。かつて進化したロマンスカーRSEが登場した時のような感激を、また味わってみたいものです。

※関連記事 営業開始2日目のVSE 鉄道展2018でLSE さらばぼくらのLSE 21世紀を走ったSE 鉄道展2015は8000形

 

 

 

▼球面状の前面ガラスがたまらなかったVSE。
20151018_img_1554s

 

 

 

▼全周にわたってデザインされたカタチを感じたVSE。
20151018_img_1542s

 

 

 

▼そして最高にカッコイイ形状の先頭部ガラスだったVSE。
20151018_img_1525s

 

 

 

▼白くなったロマンスカーは特別な存在だったVSE。
20151018_img_1556s

 

 

 

▼よくぞここまでと思うほど細部までつくり込まれたVSE。
20151018_img_1530s

 

 

 

▼スラっと伸びた連続状窓ガラスもキレイだったVSE。
20151018_img_1559s

 

 

 

▼8000形と並ぶと通勤車のケイプアイボリーを引き立てていたVSE。
20151018_img_1568s

 

 

 

▼みんなの人気者だったVSE。ロマンスカーの伝統を引き継いでくれてありがとう。お疲れさま、さらばVSE 50000形。
20151018_img_1545ss
撮影地 神奈川県海老名市めぐみ町

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS kissX3
△紀行日 2015/10/18(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2023/10/22

西武線への塗装車譲渡は想像できなかった小田急線8000形の2020年年越し

 2020年へ新宿駅で年越ししていた、8000形10両編成を見てきました。

 小田急線8000形で最近驚いたのは、やはり誰も想像しなかった?西武線への譲渡です。(2023/9/26リリース

 これで8000形が少し長生きできると安堵しながらも、心配なのは小田急線からアイボリー色の通勤車が消えてしまうことです。本当に小田急線は、長らく築いてきた小田急線の良いイメージを手放してしまうのでしょうか・・・。

※関連記事 小田原駅橋上駅舎化の頃は塗装車が多かった 鉄道展2015車両展示は8000形

 

 

 

▼この後のコロナ渦を誰も想像もしていなかった2020年元旦、新宿駅では8000形が新たな年を迎えていた。
20200101_img_7105s

 

 

 

▼人が使う乗り物で、金属地むき出しなのは電車だけではないか。環境への課題を乗り越えて、この色の輝きを残してほしい。
20200101_img_7102s

 

 

 

▼色鮮やかな停止位置目安塗分けは、ホーム柵が出来てからのものだろう。
20200101_img_7131s

 

 

 

▼新小田急マークはアイボリー塗装によく似合っている。
20200101_img_7109s

 

 

 

▼分割併合ができる4+6編成は、輸送力の調整に長年効果を発揮してきた。固定10両化は今後も正解だろうか。
20200101_img_7128s

 

 

 

▼それまでの鋼製車両に比べて、窓枠の縁取りがイメージを変えた8000形。
20200101_img_7106s

 

 

 

▼保守も良かったのか外観からは劣化を感じられなかったので、廃車が進むのが信じられない。信じたくない…。
20200101_img_7117s

 

 

 

▼8000形がこうして年を越せるのもあと何回だろう、と感じた2020年元旦だった。
20200101_img_7121s_20231022114301
撮影地 東京都新宿区新宿

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2020/1/1(水)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

小田原駅橋上駅舎化の頃はまだアイボリー色通勤車が多かった小田急線

 小田原駅が橋上駅舎化された翌日、新駅舎を見てきました。(2003年訪問)

 2003年3月30日に小田急線・東海道線小田原駅が橋上化されてから、早くも20年がたちます。当時の小田急線ホームは、アイボリー色の通勤車がまだ多く発着していました。この20年で小田急線の多くが、金属地肌の車両に入れ替わったことを実感します。

 やはり小田急線には、阪急線や京急線のように、帯だけではなく車体の色でも路線イメージを維持してほしいと思います。アイボリー色の通勤車両を引き継ぎ、乗る電車からも「わたしのまちのすてき」が感じられる路線を、これからでも目指すのはどうでしょうか。

※関連記事 8000形の2020年年越し 鉄道展2015車両展示は8000形

 

 

 

▼9000形、急行箱根湯本行で小田原に降りると、駅は一新されていた。登場時は斬新だったろう9000形スタイルは今でも魅力的。
20030331_dscf0666s

 

 

 

▼2600形、急行新宿行。急行までもオールマイティに活躍していたNHE2600形の、発車時の走行音が好きだった。
20030331_dscf0708s

 

 

 

▼側面幕は種別だけの2600形。デカデカ「急行」が印象的で準急もこのスタイルだったが、最後までローマ字は入らなかった。
20030331_dscf0710s

 

 

 

▼5200形、各停箱根湯本行。汎用が利く実力車だったが、前照灯が更新されてイメージが変わったのは残念。
20030331_dscf0711s

 

 

 

▼以前は非表示だったので、青い各停は新鮮だった。今見ると、国鉄スミ丸ゴシック体を丸くしたように感じる。
20030331_dscf0715s

 

 

 

▼4000形、各停新宿行。この前照灯が小田急車らしい。2600形から始まり、5200形まで続いた小田急車標準スタイル。何もデザインされていないようだが、シンプルで落ち着いて見える先頭部が良かった。
20030331_dscf0694s

 

 

 

▼そして最後は8000形、各停新松田行。8000形は鋼製車の完成されたスタイルで、個人的にはずっと一番好きだった。
20030331_dscf0723s

 

 

 

▼今見返してみると、小田急線通勤車の大型鋼製車が勢ぞろいした最終期だったのかもしれない。誰でも育った頃の記憶が感覚の基本になると思うが、自分にとってはこの頃までが小田急線の基本形だった。それにしても、8000形が西武線に譲渡された後も、どうかアイボリー色の小田急線が続いてほしいと思う。
20030331_dscf0799s
撮影地 神奈川県小田原市城山

 

 

 

 

 

△カメラ FUJIFILM FinePix4500
△紀行日 2003/3/31(月)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2023/09/09

小田急線が多摩川鉄橋を渡り、多摩河原で楽しむ人はそれぞれ

 小田急線の多摩川鉄橋を訪れてきました。

 そういえば一昔前、鉄橋付近はバーベキューを楽しむ人たちで賑やかすぎた感もありましたが・・・、それも今は昔。

 今一番賑やかなのは少年チームのかけ声、あとはボールで遊ぶ人、走る人、釣る人、寝る人、撮る人・・・。みんなそれぞれの時を楽しんでいます。なんだかNHK「ドキュメント72時間」に登場しても不思議ではない感じでした。

※関連記事 すっきりした登戸駅と小田急線多摩川橋梁 多摩川丸子橋かいわいの東急線と新幹線

 

 

 

▼和泉多摩川駅に降りただけで、心が弾んでくる。
20230717_img_2944s

 

 

 

▼鉄橋は一新されてもう久しく、でもバーベキュー客は皆無に。逆にどこか整然としすぎるような・・・。
20230717_img_3033s

 

 

 

▼鉄橋の騒音と河原の喧噪がかなり解消されて、窓を開けられる日はできただろうか。
20230717_img_3051s

 

 

 

▼時にはのんびりと河原で過ごしてみたい。そんな空間が身近にあるのがいい。
20230717_img_3026s

 

 

 

▼河原は草木が刈られてすっきりしたが、2本の木が残されたのはセンスありそう。
20230717_img_3059ss

 

 

 

▼川キロポストも少し古びてきた。背景にしたいのは、やはり塗装車。
20230717_img_3017s

 

 

 

▼残念なストレート車体だが、先頭部のわずかな傾斜があるだけでスピード感が違う。
20230717_img_3130s

 

 

 

▼少年チームも引き上げる時間帯。多摩河原の景色は飽きることがない。
20230717_img_3042s
撮影地 東京都狛江市猪方

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX10
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2023/7/17(月)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2023/07/01

足柄駅から専売公社工場への専用線廃線跡は「久野緑の小径」に

 小田急線足柄駅から延びていた、専売公社への廃線跡を歩いてきました。

 JT小田原工場は2011年に閉鎖されたそうですが、跡地は来春にもイオンタウンになるとのこと、その変化には驚きます。

 小田急沿線では珍しい廃線跡なので注目していましたが、結局遊歩道とスーパーに生まれ変わり落ち着くようです。

※関連記事 構内横断場跡が残る足柄駅 足柄山王川の久野川橋梁架替

 

 

 

▼足柄駅の裏にある涼しげな空間、ここは何だろう。
20220619_img_6399s

 

 

 

▼そこには専売公社専用線への線路が敷かれていた。長らく残っていた架線柱が今は無いのが残念。
20220619_img_6416s

 

 

 

▼廃止から30年以上経っても、運行時のものと思われるスピーカーがあったのには驚き。
20220619_img_6392s

 

 

 

▼足柄駅電留線から分かれて西側へカーブしてゆく。いかにも判りやすい廃線跡。
20220619_img_6390s

 

 

 

▼敷地境界の柵から、何となくわかる踏切跡。わずかな痕跡から昔を想像するのも廃線跡歩きの楽しみ。
20220619_img_6387s

 

 

 

▼見事なあじさいロード「久野緑の小径」になっていた、専用線廃線跡。
20220619_img_6376s

 

 

 

▼小田原厚木道路をくぐると、小田原工場敷地跡が見えてきた。廃線跡歩きはあっけなく終わる。
20220619_img_6356s

 

 

 

▼箱根外輪山の麓、左端に引き込まれていたのも今は昔、広大な更地が広がる。時代と共に土地利用は変わっていく。
20220619_img_6361s
撮影地 神奈川県小田原市久野

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/6/19(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2023/02/25

小田急線随一の山間区間渋沢~新松田から見える山並み

 久しぶりに、渋沢から新松田まで歩いてきました。

 冬枯れの山間部にも梅は咲いていて、春が近いことを感じます。

 大山から富士山まで、相模国から見えるなじみの山々を背景に、今日も小田急線は走っていました。

※関連記事 2021年初日の出 夏も終わる足柄平野

 

 

 

▼第1菖蒲トンネルを抜けると、がらりと雰囲気が変わるのがいい。
20210216_img_4199s

 

 

 

▼大山丹沢山系を背後に、30年前と変わらないような沿線風景がうれしい。
20210216_img_4216s

 

 

 

▼渡った先は川音川と耕地のみだが、しっかり遮断機は下りる。
20210216_img_4259s

 

 

 

▼箱根登山バスが走っていたのも今は昔になった。
20210216_img_4273s

 

 

 

▼個人的に好きなのは、VSEの流麗な上半身。
20210216_img_4264s

 

 

 

▼箱根外輪山と小田急線らしい架線柱が、西の空に浮かぶ。
20210216_img_4313s

 

 

 

▼最後の四十八瀬川橋梁では富士山が出迎えてくれた。今日も一日お疲れさま。
20210216_img_4310s
撮影他 神奈川県足柄上郡松田町神山

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2021/2/16(火)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2022/12/31

さらば小田急赤い1000形、暮れゆく風祭でロマンスカーと交換

 小田急線の赤い通勤車、未更新の1000形を風祭で見てきました。

 小田原-箱根湯本から登山電車が撤退した時は驚きましたが、赤い1000形が登場したのにもびっくりでした。

 そんな赤い1000形が、早くも本年迄で廃車になってしまったのは残念です。また箱根らしい車両が登場してほしい気もします。

※関連記事 風祭駅構内踏切廃止 風祭水車踏切は廃止か 三線軌条踏切と二線化された痕跡 ススキ揺れる入生田~箱根湯本

 

 

 

▼すっかり箱根登山線の区間になじんでいた小田急赤い1000形。 (風祭踏切)
20201018_img_1664ss

 

 

 

▼夕刻の空も赤く染まってきた。
20201018_img_1669s

 

 

 

▼VSEが待機しているところへ、箱根湯本行の赤い1000形が入ってきた。
20201018_img_1692s

 

 

 

▼そしてVSEが発車する。
20201018_img_1701s

 

 

 

▼方向幕と種別幕の装備車も残り少なくなってきた。通勤車の[箱根湯本]行を、ぜひまた新宿で見てみたい。
20201018_img_1706s

 

 

 

▼今度はMSEが待機するところへ、小田原行の赤い1000形が入ってきた。
20201018_img_1723s

 

 

 

▼鈴廣側の南口改札から駅員さんが見送る。ありがとう1000形未更新車、さらば赤い1000形。
20201018_img_1728ss

 

 

 

▼赤い1000形が見られなくなるのは残念だが、風祭の雰囲気の良さは変わらないだろう。 (風祭水車踏切)
20201018_img_1687s
撮影地 神奈川県小田原市風祭

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2020/10/18(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2022/10/09

構内横断場跡が残る足柄駅は小田急小田原線終端側の大事な拠点

 今世紀になって初めて小田急線足柄駅を訪れてきました。

 足柄駅といえば、車両留置線がある駅、専売公社引込線が分岐した駅、構内横断場が最後まで残った駅、利用者が少ない駅、など特徴が多く興味深い駅です。

 もう少し小田原市役所が近ければにぎやかになるのにとも思いますが、開業以来のポジションは変わらないようです。

※関連記事 専売公社工場への専用線廃線跡 足柄の久野川橋梁架替

 

 

 

▼新松田から箱根外輪山を見ながら走ってきた小田急小田原線。終着駅の手前で足柄駅を迎える。
20220619_img_6270s
撮影地 神奈川県小田原市扇町

 

 

 

▼駅横に留置線を7線ほど持つ。以前から10両編成も入る容量は、小田原方の車両運用に貢献しているのだろう。
20220619_img_6297s

 

 

 

▼国鉄ホームのような坂道ではない、小田急線の構内横断場スタイル。利用者からすれば、こちらの方が助かる気もするが。。
20220619_img_6276s

 

 

 

▼4000形も登場していた、新たな注意喚起イラストに目をひかれる。
20220619_img_6292s

 

 

 

▼最近は除草剤なども控え気味なのか、スギナの背丈が留置線レールを超える勢い。
20220619_img_6305s

 

 

 

▼足柄駅前にはとくに駅前広場もなく、駅は留置線のついでのようにも見えた…。
20220619_img_6474s

 

 

 

▼小田原を出た小田原線上り列車は、足柄の先で初めて小さな切り通しを越える。
20220619_img_6425s

 

 

 

▼足柄といえばここに来てみたかった。30年ぶりに狩川橋梁を望み、時の流れをしばし感じた。
20220619_img_6444s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/6/19(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2022/07/23

足柄山王川の久野川橋梁架替で小田急本線が久々に仮線へ切換

 足柄駅の先で、小田急小田原線の本線が仮線化していたので見てきました。

 小田急線の線路は、複々線化工事完了後は安定していただけに、久々の本線付け替えに注目してしまいます。

 足柄駅といえば、かつての貨物専用線や最後まで残った構内踏切などを思い出しますが、久々の下車となりました。

※関連記事 専売公社工場への専用線廃線跡 構内横断場跡が残る足柄駅

 

 

 

▼思いがけず、足柄1号踏切の先で下り本線が海側に反れていた。足柄から出庫するMSEは、下り本線にどう出るのか・・・。
20220619_img_6284s

 

 

 

▼足柄2号踏切へ行ってみると、水害に悩まされる山王川を拡幅するために、「久野川橋梁」を架替するらしかった。
20220619_img_6311ss

 

 

 

▼小田原寄りを見ると、久野川橋梁の両側に仮線を設ける段階。現在は3線使用で、先のMSEは直進して下り本線に出ていった。
20220619_img_6319s

 

 

 

▼神奈川県の整備計画に基づき、この規模でも工事に5年を要するらしい。小田急線にとって橋梁架替は、狩川以来だろうか。
20220619_img_6335s

 

 

 

▼足柄の留置線は10番線が撤去され、上り仮線を敷設中だった。留置線があって工事用地には助かるが、配線変更も大変そう。
20220619_img_6314s

 

 

 

▼線路変更工事は人力での大変な作業が続いているのだろう。レール締結にはボルト式が使用されていた。
20220619_img_6315s

 

 

 

▼足柄2号踏切から足柄駅構内を見る。小田原線終端側で車両収容を担ってきた、重要な役割を改めて感じた。
20220619_img_6333s

 

 

 

▼踏切は今後も残るようだが、どうか無事故で橋梁架替と河川改修を終えて、水害なども無くなりますように…。
20220619_img_6348s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/6/19(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

2022/06/25

小田急シモキタ地上線は下北線路街へ(2) 下北沢~世田谷代田

 小田急シモキタ地上線跡に出来た「下北線路街」を見てきました。

 1988年複々線化工事着工から実に34年、とうとう終盤となる下北沢地区がまちびらきです。「きしむ大動脈」だった小田急線にとってはまさに社運をかけたプロジェクトだっただけに、その駅と街づくりの仕上げの良さには見とれてしまいます。

 学生時代から見てきたファンとしても、小田急線複々線化は人生の過半を費やす一大記録テーマになりました。複々線化が終わり、これからの撮影目標には迷いそうですが、いやいやまだ多摩線延伸?、藤沢駅改良?、と興味は尽きなさそうです。

※関連記事 下北線路街(1) 東北沢~下北沢 泣いても笑ってもシモキタ地上線あと5日 今年も春が咲いてきた世田谷代田駅近く 地下化工事たけなわだった世田谷代田

 

 

 

▼みんながくつろげるようになった線路跡。「シモキタエキウエ」の2階テラス延長部分。
20220529_img_5378ss
撮影地 東京都世田谷区北沢

 

 

 

▼かと思えば、植栽エリアになった線路跡もある。昭和2年開業以来の小田急線線路敷きが、こんな姿になるとは。
20220529_img_5396ss

 

 

 

▼下北沢2号踏切跡。線路が消えて、たしかに街の分断は解消されたのかもしれない。
20220529_img_5393ss

 

 

 

▼辺りの住宅も世代交代が進んでいたが、「鎌倉通り」標識だけはかつての線路端を残していた。
20220529_img_5406s

 

 

 

▼この付近は遊歩道化工事の最終段階だった。カーブした道路を歩いて行くと、やはり下北沢3号踏切を思い出す。
20220529_img_5414ss

 

 

 

▼世田谷代田駅の線路跡に開業していた宿「由縁別邸 代田」。気分は箱根にでも来たかのよう。
20220529_img_5445ss

 

 

 

▼まるで美術館の入口かのような、世田谷代田駅東口。さすがは「日本一暮らしやすい沿線」を目指す小田急線。
20220529_img_5461s

 

 

 

▼複々線化と地下化により小田急線沿線は激変したが、富士山だけは変わらない。本当におめでとう、小田急線複々線化完成。
20220529_img_5481s

 

 

 

 

 

△カメラ Canon EOS KissX9
△レンズ EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM
△紀行日 2022/5/29(日)

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 小田急線へ

▽Webサイト 線路端紀行

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ